未分類

エコペイズ 出金 時間

エコペイズ 出金 時間

bet365からecoPayz(エコペイズ)への出金手数料は無料となります。

ecoPayz(エコペイズ)のご利用は、バンドルカードがおすすめです。
バンドルカードは、アプリから作れるVisaプリペイドカードで、ecoPayz(エコペイズ)との親和性も抜群です。
この機会に、ecoPayz(エコペイズ)をバンドルカードで使っていただけると嬉しいです。

ecoPayz(エコペイズ)をオンライン上の加盟店で利用する際は、お支払い先の決済画面で支払い方法に「ecoPayz(エコペイズ)」を選択します。
ecoPayz(エコペイズ)を選択後、ログイン画面が表示されます。
指示に従い、ecoPayz(エコペイズ)のユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
内容を確認して、「確認」ボタンを押せばecoPayz(エコペイズ)で決済完了です。

オンラインカジノの決済サービスは移り変わりが早く、今はベラジョンカジノでは非対応ですがSticPay(スティックペイ)というサービスがあります。iWallet同様にATM出金が使える上に手数料もecoPayz(エコペイズ)より安いので一強の構図を覆すようになるかもしれません。

ecoPayz(エコペイズ)でbet365へ入金した場合、出金はどうなるのか?

エコペイズの高速ローカル出金は、「”エコペイズが日本国内に保有する、エコペイズの日本国内口座(三井住友銀行)”から”自分の国内口座”へ送金する方法」です。

ecoPayz(エコペイズ)は1万円くらいの少額で出金すると手数料が約2000円くらいかかってくるので結構痛いと感じます。手数料が気になる人は5万円以上を目標にベラジョンカジノで資金を増やすとそれほど気にならなくなるのではないでしょうか?

ベラジョンカジノの国内銀行送金は出金手数料無料です。為替レートは若干悪いという噂を聞きますがecoPayz(エコペイズ)も為替手数料を約3%取られる上に出金手数料15EURがかかるため、国内銀行送金の勝利!

ハイローラーの方の場合はiWalletですが、今回はecoPayz(エコペイズ)の勝利でしょう!

エコペイズの入出金方法が使えるオンカジとして、老舗のチェリーカジノがあります。

オンラインカジノは入金方法によって出金方法は変わってきますが、ベラジョンカジノでのecoPayz(エコペイズ)と各種出金方法の比較をしてみました。

エコペイズで入金した場合、出金の手順も入金と同じエコペイズアカウントになる。との答え。

基本的に、ベラジョンカジノで入金した方法でしか、出金することができないので、入金方法と出金方法は同じものを選択することが大切です。「ecoPayz(エコペイズ)」で入金した場合は、「ecoPayz(エコペイズ)」でしか出金できず、「iwallet(アイウォレット)」に出金するといったことはできません。

銀行送金で出金するという点でみるとecoPayz(エコペイズ)の方が良さそうです。しかしながらiWalletはプリペイドカードでATM出金ができます。この出金方法では別途各種手数料がかかってきますが出金スピードでは事前にチャージしておけばこちらの方が上になってくるかと思いますのでそれぞれの決済方法の特徴を生かした使い分けをしてください。

ecoPayz(エコペイズ)は、対応の加盟店で支払うことができます。
主にオンラインカジノや、ブックメーカーなどで利用できます。