未分類

ビデオスロット 設定

ビデオスロット 設定

BIG BAD WOLF (ビッグ・バッド・ウルフ)は、QUICKSPIN (クイックスピン)社が開発・提供するビデオスロットです。本作品のペイアウト率(還元率)は97.35%と、やはり前述したGOBLIN’S CAVE (ゴブリンズ・ケーブ)に劣りますが、フリースピンゲーム中に追加のスピンを獲得しやすく、稼ぎやすい機種となっています。

ビデオスロットも全体的に見れば必ずオンラインカジノ側が勝つようにできています。

オンラインカジノに入金した後は、賭け金を設定してスピンボタンを押すだけで、ビデオスロットを回すことができます。

参考までに、いくつかのオンラインカジノのビデオスロットのゲーム数を紹介します。

しかし、オンラインカジノのビデオスロットはスマホがあればいつでもどこでも始められて止める事ができます。

バカラやブラックジャック・ルーレットと比べると基本的にはビデオスロットは爆発力があります。

パチスロ好きなら、このJTGというプロバイダーのビデオスロットがおすすめです。パチスロ好きの好きな演出やアクションは、1G連・プレミア演出・疑似連・上乗せ・沖スロ・ピカリなど色んなタイプのビデオスロットを制作しています。どれもパチスロに寄せているため、日本人に親しみやすいスロットのはずです。

そのボーナスをビデオスロットで活用する事により、かなりのアドバンテージを得る事が可能です。

オンラインカジノで遊べるオンラインスロットには、主にクラシックスロットとビデオスロットの2種類があります。日本のパチスロ店や昔のゲームセンターなどでよく見かける縦3リールで構成されているスロットマシン台をクラシックスロットと呼び、このタイプのマシンは、ボーナスゲームが搭載されておらず、横3列斜めで絵柄を揃えて配当が払い戻される至ってシンプルなスロットマシンです。

オンラインカジノのビデオスロットをプレイするうえで、最も心配になるのが、イカサマや遠隔操作の有無でしょう。

ちなみに、オンラインカジノのビデオスロットは、日本のパチスロのように設定という概念がありません。

したがって最少額が0.1ドルだとしても、それはあくまでも1本のペイラインに対してということになり、0.1ドルをコインバリューにすることはできません。1回分のコインバリューは設定した金額とペイラインの数を掛けあわせたものになります。最少額が0.1ドルでラインの数が25本あれば、コインバリューの最低は2.5ドルです。またラインごとの倍率はベットレベルというもので変更でき、1だと最少で2にするとペイライン分全てが倍になるという風に増えていきます。つまりコインバリューの設定次第で、ハイリスクハイリターンとローリスクローリターンを自由に変えられるわけです。そのためビデオスロットを選ぶ際は、ベットレベルとコインバリュー、そしてペイライン数に気を付ける必要があります。

オンラインカジノのビデオスロットで継続的に勝っている人は、このボーナスを上手く活用して立ち回っているのです。

オンラインカジノで、ビデオスロットをプレイするためには、まずオンラインカジノに入金する必要があります。入金はクレジットカードや電子決済などが可能です。

資金が少なくしっかり勝ちたい人ほど、ビデオスロットやクラシックにトライしてみましょう。