未分類

ボラティリティ的にはミドルあたりでしょうか

ボラティリティ的にはミドルあたりでしょうか

賞金が高ければ高いほど、ボラティリティーが高いことを意味します。この時ジャックポットを例に考えるとわかりやすいといえます。ジャックポットの金額が数億円を超えるようなものはハイボラティリティーのビデオスロット、ジャックポットの中でも金額が少ないものはローボラティリティーだといえます。

あとは先程説明したペイアウト率とボラティリティ。ボラティリティとはそのスロットがどういう風に当たるかというのを調べたもので、ボラティリティが低いものは少額がチョイチョイ当たる機種、高いものはなかなか当たらないけど当たるとデカい機種、そして中程度のものはそのちょうど中間、といった具合に判断します。これはペイアウト率と違って高ければ良いとかいうわけではなく、完全に個人の趣味になりますね。どういう当たり方をするタイプが好きかで決めればいい感じです。では一つずつスロットのタイプを見ていきましょう。

スロットにおけるボラティリティーとは、ランドカジノ、オンラインカジノに関係なく、スロットの1セッションにおけるパフォーマンスのことを指します。つまり、そのスロットでどれくらいの頻度で当たりが出るか、賞金の大きさはどれくらいかなどを示すのがボラティリティーだといえます。

ボラティリティに関しては低ベットで回しているとそんなに高くは感じませんが、このスロットの特徴として通常時の当たりがほとんどでなくなる時があります。

すでに多くの人がご存知だとは思いますが、ボラティリティーには「ハイ」、「ロー」、「ミディアム」の3つのタイプがあります。厳密にはこの3つに加えて、「ローミディアム」、「ミディアムハイ」の2つもありますが、ここまで詳細に分類されることはないので、基本となる3つをしっかり抑えておきましょう。

ボラティリティ的にはミドルあたりでしょうか。

バリアンスとは主にポーカーで用いられる用語ですが、まれにビデオスロットでも使用されます。一方で、ボラティリティーとは本来経済用語であり、価格変動などを表すときに使用されることが多くあります。

そのため、ボラティリティーによって、どれくらい勝てるのかをある程度予測することができるので、資金管理にも役立てることができます。

ハイボラティリティーのビデオスロットは、最高ベット額が低いという特徴があります。

オンラインスロットはゲームの機能以外にも隠れた個性があります。ハイボラティリティ(ペイアウトの頻度は低いが爆発力がある)のスロット、ローボラティリティ(コイン持ちがよく小さい当たりが多い)のスロットなどもあります。

ボラティリティ的には中の上、または上くらいでフリースピンに入るには少しだけ難易度が高いかもしれません。しかしながら、このスロットはフリースピンに入らなくても通常時に大きな配当を期待することが可能。

ボラティリティとは金融用語で「不確実性の度合い」を示すものです。ボラティリティが高いほどハイリスク・ハイリターンに、ボラティリティが低いほどローリスク・ローリターンになるという特徴があります。

短期間でベラジョンカジノで一気に稼ぎたいというプレイヤーには、ボラティリティが高い機種がおすすめです。資金を一気に失うリスクもありますが、その反面、爆発力が発揮されれば、ベット額の数百倍、数千倍という高配当を瞬時に獲得することができます。

配当表の4つシンボルが揃った場合と、5つシンボルが揃った場合の配当の違いを見てみましょう。5つシンボルが揃った場合の配当が極端に大きいのであれば、ハイボラティリティーだと判断できます。

ビデオスロットをプレイしていて、高額配当が獲得できる可能性はあるものの、頻繁にそれが獲得できない場合、これは「ハイボラティリティー」のゲームだといえます。一方で、配当の金額は低くても頻繁に当たりが出る場合、これは「ローボラティリティー」のビデオスロットとなります。そして、この中間にあたるのが「ミディアムボラティリティー」となります。