未分類

なお 対象となっているのはNETENT社のビデオスロットのみです

ビデオスロットはルールがシンプルなので 初心者でも楽しめます

スロットの種類は大きく分けて2種類あります。1つはビデオスロットと呼ばれるもの、2つ目はリールスロットと呼ばれるものです。

ビデオスロットを開発しているのはオンラインカジノではなく、ゲームプロバイダです。オンラインカジノはあくまでも、ゲームをプレイするためのプラットフォームに過ぎません。

なお、対象となっているのはNETENT社のビデオスロットのみです。他のゲームではBlitzモードは使えませんので、注意してください。

この大勝というのはジャックポッドの勝ち分ではありません純粋なビデオスロットの大当たりでの勝ち金になっています。ジャックポッドの場合は数億円という当たりも出ていますので、本当に宝くじ越えの世界です。

Age of Gods Rouletteではジャックポットが搭載されていますので、一回に大きく賭けて少ない回数を回す事でジャックポットに賭けてみる事も出来ます。ジャックポットでは賭け金が大きくなるほどマーベルジャックポットの突入確率が増えます。ビデオスロットに搭載されているジャックポットより、黒/赤や奇数/偶数などに賭ける分、スロットより資金の減りを少なくなる時もありますので、その分一回の賭け金を大きくする事も出来ます。

しかし、1975年の世界初のビデオスロット、Fortune Coinの誕生、ビデオスロットブームに乗り、迎えた1986年のプログレッシブジャックポットスロットで、次から次へと億万長者をこの世に生み出しています。

オンラインスロットにはビデオスロット・クラシックスロットが存在します。ここまで説明してきたのは「ビデオスロット」にあたり、「クラシックスロット」は非常にシンプルです。欧米の映画で見るようなスロットマシーンを想像してください。リールは三つ、ガシャコン!とレバーを引いてリールが回転し、絵柄が揃えば配当。

オンラインカジノのスロットやライブカジノゲームなどギャンブルに使う為に用意出来る資金によって立ち回り方は全然違ってきます。ここではそれぞれのケースでどの様に考えれば良いかを書いてみました。それ以外の考え方も色々取り上げています。オンカジのビデオスロット等のカジノゲームで勝てない場合など攻略の参考になれば幸いです。

ビデオスロットのペイアウト率は平均して95%程度。実際には80%台後半から99%くらいと幅があります。一方で、パチスロの機械割はどんなに低い台でも95%程度、高設定の台では110%程度になることもあります。

パチスロ好きなら、このJTGというプロバイダーのビデオスロットがおすすめです。パチスロ好きの好きな演出やアクションは、1G連・プレミア演出・疑似連・上乗せ・沖スロ・ピカリなど色んなタイプのビデオスロットを制作しています。どれもパチスロに寄せているため、日本人に親しみやすいスロットのはずです。

Big Time Gaming社がライセンスを持っている機能で、Bonanzaが有名です。スピン毎にリールのシンボル数が変化し、有効ライン数が増加します。親会社NYX Gaming社の日本市場撤退の為、Big Time Gaming社のビデオスロットゲームをプレイする事は厳しくなっています。他社でBig Time Gaming社のライセンス許可を受けたスロットを制作しています。

ビデオスロットで全部の機種を遊んだわけではありませんが、主要のゲームでは大体200回に1回くらいの確率で大当たりを引けてる印象があります。早い時は1/50とかなんですが、はまる時は1/400なんかで当たる事もあるので体感的な確率でいうと1/200位の確率かなと思っています!

色んな所を調べて見ましたがビデオスロットの当たりの確率は公開されていません!そしてネットやホームページを見ても公開されていませんでした。では公開してはいけない理由があるのかも実際に調べてみました。

エンターテインメント性で比較すれば、圧倒的にビデオスロットが優れていると言えます。娯楽として楽しみたいというプレイヤーにとっても、オンラインカジノのビデオスロットはオススメです。

ビデオスロットはルールがシンプルなので、初心者でも楽しめます。さらに還元率は約85%~95%と比較的高いので勝ちやすいゲームと言えるでしょう。特にベラジョンカジノの場合、フリースピンを得られるボーナスが多いゲームが充実しているので、お得にゲームを進められます。 また、スロットといえばジャックポットで一発逆転を狙うことも可能です。確実性はないですが利益は出やすいので、コツコツ稼ぎたい方におすすめです。