未分類

違法カジノとは

違法カジノとは

「オンラインカジノ」と聞いて、日本人ならまず最初に「違法じゃないの?」と思ってしまうのが普通だと思います。
たとえオンラインカジノに興味があっても、違法性が気になって手を出しづらい…という方も少なくないでしょう。

実際にオンライン カジノ 違法なのでしょうか?

難しい法律の話は後回しにして、まず結論だけ先にお伝えしますと、現在の段階ではオンラインカジノは違法でも合法でもありません。まず初めに、ざっくりとポイントだけ押さえておきましょう。

オンラインカジノの違法性が問われるのは、賭博が違法とされる日本で日本のユーザーがギャンブルをするという行為に焦点が当てられています。つまり、ここで問われるのは、オンラインカジノ自体の違法性ではなく、オンラインカジノで賭けることが日本の法律に触れるかという点です。

カジノ経営元の摘発なしに警察がむやみにユーザーだけを逮捕するのはおかしいのではないか、そもそも違法に当たらないカジノ(海外でライセンスを取得して海外で運営されているカジノ)で賭けたプレーヤーが罪を厭われるのはおかしいのではないのかという点が不起訴の切り札になったようです。

晴れてオンラインカジノが合法となる可能性もありますが、厳密に違法とされる可能性もあります。今後の法律の動きには注意が必要です。

オンラインカジノは最近流行っていてスマホでも遊べるので暇なときにもってこいの娯楽なのですが、ツイッターやあちこちの記事のコメントなどを見ていると、日本はカジノは禁止されているから違法だとか、ネットカジノで逮捕されたから危ないとか、闇カジノだとか、違法カジノだと誤解されている方がたくさんいらっしゃるので、今日はオンラインカジノ 違法とオンラインカジノ 法律との関係について解説していきたいと思います。

2016年6月に、海外オンラインカジノとして運営されていたドリームカジノの運営者が逮捕されました。 海外のオンラインカジノ事業者が逮捕されるという初の事例という事で話題になりました。 逮捕されたのは大阪にあるウェブ制作会社の3名。 海外サービスなのに、なぜ大阪の企業が?と思いますが、サイト上には運営会社はオランダ領キュラソー島の会社で、決済会社もキプロスとの表記がされていましたが、実質的に運営している事務所が大阪であった為、日本国内からオンラインカジノを提供して、賭博をさせたとなりました。内容からしても、これは海外オンラインカジノではなく、国内オンラインカジノであり、違法カジノを運営した事と同じになるので、逮捕される内容であり、正式裁判まで発展しても必ず有罪になる行為です。 この事件では、参加者の逮捕はありませんでしたが、多数のプレイヤーに利用確認の連絡・指導があった様です。 海外オンラインカジノだと思って利用したサービスが実際には、大阪オンラインカジノだったという事で、プレイヤーの方々は騙された感が強い事件となりました。

しかし、IRを誘致するということは、現在カジノを違法としている日本の法律を整備するということでもあります。この法整備の際に、違法でも合法でもない曖昧な立ち位置にあるオンラインカジノの法律性についても、なんらかの言及があるのではないかと注目されているのです。

こうした違法カジノには大きく分けて2種類あります。一つは本カジと呼ばれるもので、繁華街の雑居ビルの1室にカジノの施設を持ち込んで、違法カジノを運営するものです。こうした闇カジノは新宿、錦糸町、池袋などで運営していることが多いそうです。中にはそのカジノが設置されている階だけにはエレベーターが止まらない仕組みになっているものもあるそうです。もう一つはインターネットカジノ、通称インカジと呼ばれるものです。こちらも繁華街の1室で運営する形ですが、外見はインターネットカフェとして運営しています。看板もインターネットカフェですが、その場所に行くとゲームセンターのようにPCが並べて置いてあり、そのPCでカジノゲームを客に遊んでもらうようになっています。店に入ると店独自のポイントと現金を交換し、そのポイントをカジノゲームに賭けて遊びます。買ったらそのポイントを現金に換えることができます。ゲームを遊ぶだけだったらカジノの台を設置しようが構わないのですが、現金と交換できるところが「賭博」に該当して賭博罪が適用され、違法となります。

この1人の方は、この略式起訴を受け入れずに正式裁判で争う方を選択しました。 想像でしかありませんが、担当検事・検察からすると予期せぬ行動だったのでしょう。 略式起訴を提案したのですから、当然、裁判になっても有罪にできる正当な理由を持っていると考えるのが普通ですが、正式裁判を選択されると、検察は、不起訴処分(無罪)としたのです。 正式裁判がされて無罪となった訳ではありませんが、「逮捕→略式起訴→罰金刑」という検察だけ意見で違法論が強くなっていた状態から、現行の賭博法には海外の合法オンラインカジノを直ちに違法とするのは難しいのでは・・? 容疑のかけ方が拡大解釈すぎるのでは・・・?と別の論調も問われ始めています。

カジノが合法化されていない日本で、オンラインカジノをプレイすることは違法か合法かと気になっているプレーヤーは沢山いると思います。ここでは、賭博罪などの日本に既存する法律や、過去のオンラインカジノのプレーヤーが逮捕されたニュース、さらにどうすれば安全にオンラインカジノを楽しめるかをわかりやすく説明します。

パチンコやパチスロはあちこちにあるので皆さん安心して遊んでいると思いますが、実は違法パチスロもあるので気をつけましょう。違法パチスロは主に歌舞伎町や錦糸町などの繁華街にあることが多く、普通の人はどこにあるのかわからない場所にあります。何が違法なのかというと、パチンコは射幸心を煽らないように規制を変更させていて、現在流通している5号機はかなり射幸心を煽らず、勝つのに時間がかかる仕組みになっています。違法パチスロはこの規制変更前の4号機を使用していて万枚オーバーも狙える「大花火」、「北斗の拳」、「アラジンA」、「吉宗」などを備え付けていて、通常二十円のメダルを四十円に設定するなどして、1日100万円も可能でたくさんの人が中毒になるそうです。みなさんは近寄らないように気をつけましょう。

カジノ法案論議に関連してか、パチンコ業界との関連なのか不明ですが、2016年に起きた一連の事件によって、海外オンラインカジノを日本から遊ぶ事は、処罰される。よって違法であるという論調が強まっていましたが、1つの事件の1人の容疑者の行動で状況が一変しました。

闇カジノ、違法 カジノ とは、こうした反社会組織が免許なしで運営するカジノのことです。