未分類

西川口駅に到着した蛭子らは 東川口行きのバスに乗り換えた

西川口駅に到着した蛭子らは 東川口行きのバスに乗り換えた

県警はこれまでに店責任者とみられる男(50)と男(58)ら従業員と客の男女計18人を逮捕。男2人はさらに上の立場で店に関わっていたとみて調べる。
逮捕容疑は共謀の上、5月16日ごろから今月13日ごろまでの間、川口市西川口1丁目の同店で、トランプを使用するバカラ賭博を行い、違法な収益を得た疑い。県警は共犯事件として認否を明らかにしていない。
県警は13日、同店を摘発し家宅捜索を実施。同課によると、男らは当時店にいなかったが、押収物の捜査などから関与が浮上。その後の捜査で、東京都港区内のビジネスホテルに潜伏していることが判明し、県警は24日午後、同ホテルで身柄を確保した。
店は遅くとも昨年6月ごろから違法賭博を行い、24時間営業で1日10人程度の客を集めていたという。

昨日厚労省が会見を行なった。日本国内で初めて中国・武漢市への渡航歴のない日本人が新型コロナウイルスに感染していることが確認された。国内でもヒトからヒトへの感染が起きているものとみられる。厚生労働省によると、新型コロナウイルスに感染した奈良県在住の60代のバス運転手の日本人男性は今月2回にわたり武漢市からのツアー客、計60人を大阪〜東京でバスに乗せた。奈良県によると1回目のツアーで男性はマスクを着用していなかったという。男性は今月14日悪寒、せきなどの症状が出て、25日に奈良県内の病院に入院。容体は現在改善傾向にある。現在感染者は世界全体で4590人を超え、死者も106人に増えている。二次感染は世界でも起きていて、警戒すべきは三次感染。日本国内でも感染への警戒が強まっている。西川口駅の駅には新型コロナウイルスに関する張り紙がされており、38.5℃以上の熱があったり、武漢市への渡航歴がある人は保健所や医療機関に連絡するようにと日本語と中国語で書かれていた。約2万2000人の中国人が在住する川口市。春節で親戚などが訪れるため注意喚起の張り紙をしたという。東京新宿では多くの中国人がマスクを買い求めていた。マスクが不足している中国。そのため江西省ではマスクを求め工場に押しかける事態に。サンリオピューロランドでは昨日から出演者以外のスタッフのマスク着用を許可。さらに東京ディズニーランドとシーでもオープン以来はじめて従業員のマスク着用を許可した。

バカラ賭博で違法な収益を得るなどしたとして川口市西川口の違法カジノ賭博店「Circus(サーカス)」が摘発された事件で、県警捜査4課と蕨署、川口署は25日までに、賭博開帳図利の疑いで、川口市金山町、無職の男(46)、住所不定、無職の男(45)の男2人を新たに逮捕した。

西川口駅に到着した蛭子らは、東川口行きのバスに乗り換えた。田中律子は14歳の娘がおり、蛭子は子供と話すときは気まずくなると話した。しかし田中ら一行は昭和橋に戻ってきてしまったことに気付き、遠回りしてしまったことに気付いた。

埼玉県警は13日午後、JR西川口駅近くのバカラ賭博店を家宅捜索し、14日までに従業員と客ら計18人を賭博開帳図利や賭博などの疑いで逮捕した。県警が14日発表した。

県警によると、捜索したのは繁華街の雑居ビルの5階にあるカジノ店「Circus(サーカス)」(川口市西川口1丁目)。店舗責任者の花谷智裕容疑者(50)ら従業員13人は13日午後、客にバカラ賭博をさせるなどした疑いがある。店内にいた客5人も逮捕した。県警は捜査に支障があるとして花谷容疑者らの認否を明らかにしていないが、客の1人は「コロナで仕事が減り、一発もうけてやろうと思った」と話しているという。

埼玉県警は13日午後、JR西川口駅近くのバカラ賭博店を家宅捜索し、14日までに従業員13人と客ら5人の計18人を賭博開帳図利や賭博などの疑いで逮捕した。県警が14日発表した。県警は、全員の認否を明らかにしていない。