未分類

こうなると まさに借金地獄にはまったと言えるでしょう

今は借金しかないので本当に助けてくれ

唐突だが、これはポーカーの大会で優勝した時の写真だ。カジノはサンダルさえ履いていなければ大概出入りできる事が多いので、この時はお母さんと一緒にエレファントカシマシのLIVEを見に行った時に買った限定パーカーを着て参加している。ありがとうエレカシ。ありがとうお母さん。参加費は約5万円。ポーカーと言っても多種多様で、5枚を見て交換したりする日本人がよく知っているポーカーから、知らない人が見ても訳のわからないルールのポーカーまで様々ある。これは去年の12月にフィリピンで開催された大会のもので、種目はPLO(Pot Limit Omaha)と呼ばれるルールの、「知らない人が見たら訳のわからないタイプ」のポーカーだ。ルールについて詳しく知りたい人はぜひ僕に飯を奢ってほしい。今は借金しかないので本当に助けてくれ。ポーカーの大会というのは、全員決まった量のチップを持ってみんなで奪い合い、最後の一人が優勝、という感じで進んでいく。僕が参加したこのトーナメントには全部で50人くらいの人がいた。すなわちみんなで5万円を出し合って250万円を集めた事になる。ここからカジノが(厳密にはこのポーカーの大会を運営する団体)が10%くらいを持っていき、残った225万円くらいが賞金の全額となる。ポーカーはチップが無くなった人から順番にリタイアしていくのでそれぞれ順位がつき、上位10%くらいの人たちに1位から順番に賞金が配られていく。もちろん1位の人が一番賞金をもらえて、大体合計の25%くらいをもらえる。僕はこの時60万円くらいもらった。他には5位くらいまでの人が賞金をもらってた気がする。60万円はしょうもないパチンカスにとって大金すぎたので正確な数字は覚えていない。

「ベラジョンカジノ 借金」で検索すると、「入金額以上の借金になることはない」という記述がよく見られます。しかしこれは大ウソです。

マカオのカジノ運営会社らのバランスシートの質は、米ラスベガスの同業者を凌駕する。米ラスベガスのカジノ業者が多大な債務を背負い込んでいるのに比べ、マカオでのビジネスは豊富な現金収入を生み、借金も比較的少ない。ひとえに本土の中国人の飽くなきギャンブル熱のおかげで、近年、収益を大きく伸ばしてきた秘密はそこにある。

こうなると、まさに借金地獄にはまったと言えるでしょう。

ベラジョンカジノで大負けする人は、この悪い波を読み切れずに、「なんとか一気に損失を取り返そう」ということで、大きな金額を賭け続けてしまいます。その結果、資金が足りなくなり、借金をしてしまうきっかけになります。

オンラインカジノで借金300万あることと黙ってやってしまったことを謝罪して債務整理しないといけないと言いました。

離婚覚悟もありましたが、捨てられずに一緒に乗り越えることを選択してくれました。ただその時の妻の悔し涙は一生忘れません。これで借金と真正面で向き合うことになりました。

きちんと支払っていれば問題ありませんが、支払いが遅れると遅延損害金が発生したり、分割・リボ払い手数料が発生したりして、非常に大きな借金になるケースも少なくありません。

その後、通報を受けた警察が捜査に着手。7月3日にマカオ半島中区にあるカジノ施設で娘の母親を発見。事情を尋ねたところ、借金があることを認めたが、監禁されたという話については嘘で、数日間にわたって複数のカジノ施設を巡っていたと説明したとのこと。発見時、女は日本円換算でおよそ1万5000円相当のゲーミング(カジノ)チップを所持していたが、腕時計の行方については具体的に説明できておらず、警察が調べを続けているという。

しかしアナリストによると、当地の他にカジノを運営するサンズ・チャイナ、MGMチャイナ、メルコ・リゾーツ、ウィン・マカオは、ギャラクシーよりはキャッシュのバッファーが低いにもかかわらず、いずれも半年から2年間程度、収入ゼロでもやっていける。その場合、借金をしなくても全員が生き残れるのは半年間。ただ、売り上げが立たない期間が半年以上長引くと、問題が起きるケースもあるかもしれないという。

気づいた時には、所持している4枚のクレジットカード全ての限度額まで使っており、借金が100万円まで膨れ上がっていた。