未分類

エコペイズ 出金 ジャパンネット銀行

エコペイズ 出金 ジャパンネット銀行

最後に、エコペイズの高速ローカル出金で発生する手数料について紹介していきます。

購入が完了したら、アカウントの「注文詳細」で「コードを見ます」をクリックすれば、エコペイズの入金画面で使える、エコバウチャーコードが表示されます。

国際銀行送金国際銀行送金とは、自分の銀行口座からエコペイズの海外にある銀行口座に国際銀行振込を行うことで、自分のアカウントに入金する方法です。 通貨を指定してから、金額を入力すると、振込先口座情報が表示されます。

ここに載せているエコペイズ側の手数料に加え、エコバウチャーの購入手数料や、銀行側の振込手数料が別途かかることがあるので注意が必要です。

エコペイズから高速ローカル出金で自分名義の銀行口座に出金するには、必ず「日本円アカウント」から出金申請を行わなければいけません。

エコペイズの出金が銀行口座への振込が主流となってから、税金を払うことになるのかという質問の書き込みがよく見られます。銀行口座への入金情報が記録されることを考慮しなければいけないようです。ちなみにエコペイズの口座を閉鎖しても、利用規約によるとアカウントの情報は最低5年間保存されます。

基本的に、口座の登録や口座維持手数料が無料である点などは同じですが、エコペイズはアイウォレットと比較してみると、銀行口座からの入金が高いですが、出金は安いなど、手数料に違いがありました。

エコペイズを利用すれば、オンラインカジノへの入金はスムーズで安全です。

エコカードの利用停止=エコカードでecoPayz(エコペイズ)内の残高を引き出すことは不可能になるので、エコカードを持っていた人は停止する2018年8月6日までに全額引き出すように促されたかと思います。

エコペイズへの入金方法は、ローカル入金(国内銀行振込、仮想通貨)、エコバウチャー(プリペイドカード)、国際銀行送金の3通り用意されています。

エコペイズへの出金手数料は無料の場合がほとんどですが、カジノによっては出金手数料を設けている場合もあるのでご注意ください。

エコバウチャーは、エコペイズへの入金に利用できるプリペイドカードのことで、クレジットカードで購入することができます。エコバウチャーは、直接公式サイトで購入するのではなく、Offgamersなどといったリセラーサイトから購入します。

エコペイズ(EcoPayz)の無料アカウントは、数分で簡単に開設することができます。ここで口座開設の流れを解りやすく解説します。

エコペイズを利用すれば、オンラインカジノからの出金を素早く簡単に行うことができます。カジノ側のページの「出金」ページを選び、受け取り先にエコペイズを指定して、エコペイズにログインするだけです。エコペイズ側で、カジノ側の出金通貨と同じ通貨を選ぶと、為替手数料が課されないので、通貨が一致していることを確認しましょう。

ウェブサイトの使用感は、iWalletよりもエコペイズの方が、利用規約や手数料などの情報を細かくわかりやすく記載しており、情報に透明性があり、より信頼できるという印象を受けます。しかし、個人間送金手数料など差があるため、用途に合わせて自分に合ったサービスを選ぶのがベストでしょう。