未分類

以上で エコペイズの出金の方法の解説を終わります

以上で エコペイズの出金の方法の解説を終わります

オンラインカジノの入出金方法としてメジャーなものの1つが「エコペイズ(ecoPayz)」ですね。 「エコペイズ(ecoPayz)」はベラジョンカジノやチェリーカジノ、ラッキーニッキーなど”ほぼすべての …

三井住友SMBCダイレクトは、被仕向送金手数料が一律1,500円かかります。ecoPayz(エコペイズ)から円で送り、円で受け取った場合は円為替取扱手数料として送金額の1/20(0.05%・最低2,500円)がかかるので、円には替えずユーロのまま送金して円で受け取りましょう。

ecoPayz(エコペイズ)出金手数料の比較は以下の表の通りとなっています。

エコペイズのアカウント番号を複数持っている方は、どのアカウント番号から引き出すか選択します。1つしか持っていない方は、デフォルトで入力されている口座でOKです。

以上の3つがecoPayz(エコペイズ)で国際銀行出金をする時に必要な手数料です。海外からの送金扱いなので、高速ローカル出金に比べて結構たくさんあります。

1番目の「ecoPayz(エコペイズ)の手数料」というのは、自分の銀行口座への出金にかかる手数料のことで、どの銀行に対してでも5.9~10ユーロかかります。今の為替レートを基に日本円で計算してみると、5.9ユーロは約750円・10ユーロは約1,300円です。各オンラインカジノからecoPayz(エコペイズ)を通じて国際銀行出金でお金を引き出す場合は、これらの手数料も必要だと覚えておきましょう。

なお大手メガバンク以外の銀行の場合着金を拒否される可能性がありますので、初めてエコペイズから出金する場合は高速現地送金をおすめします。

ecoPayz(エコペイズ)はオンラインカジノプレイヤーにとって、とても便利に使える決済サービスです。しかし、オンラインカジノ自体がecoPayz(エコペイズ)に対応していないと、意味がありません。

エコペイズ ローカル出金 キャンセルと言うのを見て、オンラインカジノで遊んでみた…

2018年はエコペイズユーザーにとっては激動の1年でした。 まず、2018年4月11日から、VISAクレジットカード入金が停止しました。 次に、2018年8月6日から、MASTERプリペイドの「エコカード」が廃止され、ATM出金ができなくなりました。 これらはVISA側・Master側の意向ですので、ユーザー的にもカジノ的にもエコペイズ的にも「悲しいニュース」だったと思います。 では、エコカード・クレジットカード入金が廃止された2019年、エコペイズにはどのような方法でエコペイズアカウントに入金することが …

ecoPayz(エコペイズ)では、自分の銀行口座を登録して高速ローカル出金を利用することで手軽に出金できます。出金にかかる時間も数日以内と比較的早いので、ecoPayz(エコペイズ)からの出金で活用してみてください。

以上で、エコペイズの出金の方法の解説を終わります。

また、エコペイズに代わって注目を集めているのが「スティックペイ」です。