未分類

エコペイズでは不親切なことに確認画面で手数料が表示されていません

エコペイズでは不親切なことに確認画面で手数料が表示されていません

ecoPayz(エコペイズ)では複数の通貨から設定できますが、日本円以外の米ドルやユーロなどで設定している人は要注意!というのも、高速ローカル出金は国内銀行同士の振込なので通貨は「日本円」です。日本円じゃなくても高速ローカル出金は行なえますが、米ドルorユーロからは国内口座に着金する時に自動的に日本円に換わります。その時に(日本円に換えるための)通貨換算手数料がかかります。

これでエコペイズ内の日本円アカウントへの送金は完了です!

エコペイズから出金するための手段としては、以下の4つの方法があります。

ecoPayz(エコペイズ)口座からの出金は現在『高速ローカル出金』が着金も早く、銀行からの内容確認などの手間もないため大変人気です。

エコペイズにログインしたら日本円アカウントの「送金」ボタンをタップします。

ちなみに、新生銀行・ソニー銀行はecoPayz(エコペイズ)からの着金を拒否しているので振込先に指定できないので、これは不便。銀行によって異なるものの、出金のたびに聞かれたりスムーズに出金できなかったりしたら‥たまったもんじゃないですよね。

ecoPayz(エコペイズ)に勝利金を送金した後は、ecoPayz(エコペイズ)のアカウント残高が増えた状態ですね。この残高を実際に現金化するためには、ecoPayz(エコペイズ)のランクを確認しておかなければなりません。

エコペイズ口座を持っている自分以外の人に、自分の残高を送金することができます。

エコペイズでは不親切なことに確認画面で手数料が表示されていません。

一律10ユーロと、ecoPayz(エコペイズ)側の手数料が安いのは利点ですが・・この方法は海外からの送金なので、受け取る銀行によって被仕向送金手数料・また中継銀行手数料としても数千円かかります。

しかし、トータル手数料そして反映までの時間を考えると・・圧倒的に<高速ローカル出金>の方法がオススメです。出金額の1%でも、出金額が多いほど手数料が高くなるのは理にかなっていますし・・一番低くても2,000円弱の手数料で済むので、海外送金とどちらが良いかは明確ですよね。ecoPayz(エコペイズ)内のお金は、是非【高速ローカル出金】でスムーズに出金してください。

大体エコペイズからの入金は2営業日をみとけば入金されます!ほんとに入金されるの?って思ってる人は安心して下さい、わたしは今まで何度もエコペイズから出金してます。

①ログインして「資金を引き出す」を、初回の場合は「銀行口座を追加」もクリック
②出金先の、銀行口座の情報を登録
③出金画面に戻るので、出金の種類:高速ローカル出金・出金する通貨:日本円(JPY)・出金先:②で登録した銀行口座を選択
④出金内容を確認し、「続行」→「確定」の順にクリック
これで、ecoPayz(エコペイズ)残高を高速ローカル出金にて引き出す手続きが終わりました。初めて出金する場合は口座登録が必要ですが、2回目以降は入力不要のためもっと簡単に出金できます。

早速ecoPayz(エコペイズ)でブックメーカーから出金するための手順を説明していきます。

エコペイズから日本国内の銀行に送金するには、まずは外貨を日本円に両替する必要があります。