未分類

オンラインカジノでエコペイズを使うのはもはや当たり前です

なお エコペイズでの入金のメリット・デメリットは以下のとおりです

エコペイズから入金する方法としては、キャッシャー画面から「ご入金」→「エコペイズ」を選択します。

ここではローカル銀行からの入金、国際銀行振込、仮想通貨による各手続き方法と、ecopayz(エコペイズ)を利用したカジノの入出金について説明しています。

クレジットカードで入金するのは少し抵抗があるし、エコペイズやアイウォレットなどの海外電子決済サービスを利用するのはアカウント登録など面倒だしというという人は多いはずです。

始めにecoPayz(エコペイズ)の公式サイトへアクセスします。リンクボタンは別のタブで開くようになっています。この画面を閉じずに登録を進めてください。

クレジットカードやVISAデビットカードなどが無ければ飛ばしてもかまわない項目です。しかし、エコペイズへの送金は基本的にクレジットカードかデビットカードになります。この時点でカード登録まで済ませることをオススメします。

なお、エコペイズでの入金のメリット・デメリットは以下のとおりです。

エコペイズの登録画面はモバイル版とデスクトップ版で画面が少し違いますが、入力する情報は同じです。サイトのクッキー情報は特に気にしなくても大丈夫です。

もしエコペイズやアイウォレットといった電子マネー経由で入金すると、出金する時も電子マネー経由で出金しなくてはいけないので手間がかかります。

エコペイズの送金受け取りの手数料が高いのは仕方ありませんが、突然エコカードを発行中止したり、また再開したりするなど、エコペイズには不安定なところがあります。

ダイナースカードやアメリカンエキスプレス、JCBカードなど発行機関が各国固有の場合はクレジット/デビットカードがエコペイズの入金に使えないことがほとんどです。特に楽天銀行クレジットカードは、楽天銀行のコルレス銀行(中継銀行)がシティバンクであることが原因だと思われます。シティバンクの他には三井住友銀行が発行しているカードが使えないようです。

エコアカウント作成後はエコペイズのマスター機能付きデビットカード(ecoCard)発行してみましょう。そのために必要な口座のアップグレードについて解説します。

それに比べてビットコインはレートは変動しますが、インターネット上でお金を送ったり受け取ったりするための暗号通貨として最も迅速に処理され、手数料もエコペイズより格段に安いメリットがあります。

Nicos、UFJ、ジャックス、セゾンはエコペイズでも問題なく使えるようです。全て試していませんので、何か情報をお持ちでしたらお気軽にコメントを下さい。

オンラインカジノでエコペイズを使うのはもはや当たり前です。しかし、エコペイズよりも便利だと今年になり密かにブームとなっているのがビットコインです。

クレジットカードで入金後、エコペイズにログインしてマイアカウントを確認すると残高がすぐに反映されているのがわかります。136円の引き落としはドルで計算すると$1.28でした。当日のレートが気になる方は為替レートの確認などもしてみると良いでしょう。