未分類

エコペイズが指定するビットコインの入金先アドレスは毎回変わります

ecoPayz(エコペイズ)のロゴを選択します

ecoPayz(エコペイズ)の出金方法!おすすめは高速ローカル出金!

この3ステップだけでアップグレード手続きが完了します!後は、ecoPayz(エコペイズ)の承認を待つのみ。提出した書類2つとも問題が無ければ、早くて数時間・遅くても1-2営業日には承認されます。もし何か不備があったりなどしたら、きちんと理由が書かれたメールが届きます。対処して、再度審査してもらいましょう。無事に承認されてシルバーアカウントになってから、高速ローカル出金で資金を引き出してください!

1. マイアカウントから自分の通貨アカウントの「引き出し可能額」を確認
勝利金がエコペイズ(ecoPayz)に着金しているかどうか確認しておきます。

必勝経由でエコペイズへ登録すると、通貨換算や個人間送金の手数料が安くなります。通貨を換算する場合、手数料はゴールド会員であれば1.49%(シルバー会員は2.99%)です。そして、個人間送金を行う場合、手数料はゴールド会員であれば無料(シルバー会員は1.50%)です。

ちなみに、新生銀行・ソニー銀行はecoPayz(エコペイズ)からの着金を拒否しているので振込先に指定できないので、これは不便。銀行によって異なるものの、出金のたびに聞かれたりスムーズに出金できなかったりしたら‥たまったもんじゃないですよね。

一律10ユーロと、ecoPayz(エコペイズ)側の手数料が安いのは利点ですが・・この方法は海外からの送金なので、受け取る銀行によって被仕向送金手数料・また中継銀行手数料としても数千円かかります。

エコペイズ (ecoPayz)ではクレジットカードでの入金はできますが、ギャンブル目的での入金はできません。よって、オンラインカジノで遊ぶ人は銀行振り込みか仮想通貨を使用することになります。

.また、おそらく銀行関係や税金関係の人が「ブックメーカーで稼いだお金を申告しないと大変なことになる」と脅している文章などをよく見ますが、直近では銀行を通さなくてもエコペイズなどで簡単にお金が移せてしまいます。金融機関…

そんなエコペイズについて、登録方法から入金・出金、メリットや手数料、退会方法まで徹底解説します。

ecoPayz(エコペイズ)では複数の通貨から設定できますが、日本円以外の米ドルやユーロなどで設定している人は要注意!というのも、高速ローカル出金は国内銀行同士の振込なので通貨は「日本円」です。日本円じゃなくても高速ローカル出金は行なえますが、米ドルorユーロからは国内口座に着金する時に自動的に日本円に換わります。その時に(日本円に換えるための)通貨換算手数料がかかります。

こちらは反映が1~3時間と早い様子です。手間がWire Payでは自分の利用する銀行⇒指定の三井住友銀行⇒ecoPayz(エコペイズ)側での処理となるのに対し、ビットコインでの入金はビットコイン送金⇒ecoPayz(エコペイズ)側の処理と一手間省かれているのがわかります。

エコペイズ (ecoPayz)の口座にお金を入金するにはいくつかオプションがありますが、入金・出金方法に関する説明をする前にエコペイズ (ecoPayz)への登録方法を簡単に解説していきます。

ecoPayz(エコペイズ)のロゴを選択します。希望取引金額に先ほどの12USDを入力。『続ける』をタップします。画面からわかるとおり手数料は0となっております。

しかし、トータル手数料そして反映までの時間を考えると・・圧倒的に<高速ローカル出金>の方法がオススメです。出金額の1%でも、出金額が多いほど手数料が高くなるのは理にかなっていますし・・一番低くても2,000円弱の手数料で済むので、海外送金とどちらが良いかは明確ですよね。ecoPayz(エコペイズ)内のお金は、是非【高速ローカル出金】でスムーズに出金してください。

エコペイズが指定するビットコインの入金先アドレスは毎回変わります。ビットフライヤーや多くウォレットでは、送付の手間を省けるようにと送り先のアドレスを登録できるようになっていますが、一度使ったアドレスは毎回消しておいた方が安全です。その都度コピー&貼り付けして間違いないようご注意ください。