未分類

エコペイズの状況を考えると 現状ではメインペイメントと言えます

エコペイズの状況を考えると 現状ではメインペイメントと言えます

2016年8月に起きた業界で10年以上もメイン決済ツールとして利用され続けていたネッテラーの撤退は、本当に大きな出来事でしたが、今回の各社の対応から、まだまだ「眠っている決済方法」が世界には沢山あるという事がわかりました。 もし今後エコペイズに何かあったとしても、チャンスに乗じて、日本人向けマーケットに参入する企業が必ず現れてくるでしょうし、何より異国の通貨が沢山集まってしまうカジノ業界に「仮想通貨」がもっと入ってくるのは間違いないでしょう。

クレジットカード以外の入金方法として、エコペイズなど等のオンライン口座も人気です。こちらは銀行口座やクレジットカードからいったんオンライン口座に入金し、それをベラジョンカジノに入金するという方法です。

NETELLER(ネッテラー)、ecoPayz(エコペイズ)では、通貨が違う時に掛かる両替の為替手数料がどの通貨も一律にネッテラー3.39%、 エコペイズ2.99%という大きな手数料が掛かります。

アイウォレットも、エコペイズ同様に、ATMで引き出せるカードが利用できたが、2018年7月20日で利用停止になりましたが、入金手段・出金手段においても、代金収納サービスという新しいツールを追加するなど、新しい動きも活発。 ATMでのカードもプレスリリースでも、「新しいプリペイドカードの準備を進めている段階でございます。全ての手続きが完了次第、カードの販売を開始いたします。」と発表しているので期待したい。

エコペイズ (ecoPayz) とは、2000年に設立されたオンライン決済サービスです。

エコペイズは、入金手数料が無料のためベラジョンカジノの入金方法として多く利用されています。

「iWallet(アイウォレット)」は、初期段階から日本人プレイヤーが多いジパンググループ(ジパングカジノ、ラッキーベイビーカジノ、カジノジャンボリー)やベラジョングループ(ベラジョンカジノ、インターカジノ)に導入され、現在では、その他多くのカジノへの導入が進んでいる。 エコペイズ同様に、入金もできて、引き出しは、「iWallet Card(アイ・ウォレットカード)」を使って銀行ATMで利用できます。 しかも、既に日本語に対応しているので、両グループカジノのプレイヤーであれば、利用すべきサービスですが、全体として考えると、他のオンラインカジノ企業へ導入されるかというのが、今後の発展の鍵となりそうです。エコペイズの状況を考えると、現状ではメインペイメントと言えます。

エコペイズから日本国内銀行にお金を引き出す
ベラジョンで儲かったお金をエコぺイズに移し、そこから日本国内の銀行口座に引き出す方法を解説しました。

エコペイズは、ベラジョンカジノへ入金、出金共に可能なオンライン口座です。入金方法を選択し、希望入金額を入力した後、続けるボタンを押すだけの簡単プロセス。

ecoPayz(エコペイズ)を経由したベラジョンカジノへの銀行振込入金は、国内の全ての銀行(ネット銀行、地方銀行、信託銀行を含む)のATMやネット銀行から可能です。

1社に絞って資金管理するのも良いですが、複数のペイメントを持つのも有りですし、「ecoPayz(エコペイズ)」をメインにして、またエコペイズにとって代われる様なサービスが出たら、追加を検討するというのも良いでしょう。 現在の有望株は、「sticpay(スティックペイ)」なので、とりあえずは、登録してカード発行だけでも行っておけば、後々、プレイの助けとなるでしょう。

アイウォレットは、ecoPayz(エコペイズ)同様に口座開設が必要ですが、入金手数料が無料のためベラジョンカジノの入金方法として多く利用されています。

エコペイズに入金、ベラジョンカジノへ入金&出金する方法
エコぺイズを間に挟むことで入出金に使える方法が増えます。日本の銀行口座やビットコイン取引所を使ってエコぺイズへ資金を移動できます。稼いだお金はベラジョンからエコぺイズ経由で出金もできます。

エコペイズ、アイウォレットなどの電子マネー入金の場合は、入金手数料は、無料です。入金手数料を払いたくないと思っている場合には、クレジットカード以外の入金方法を検討してみてください。

ローカル入金は、ecoPayz(エコペイズ)独自の決済方法となり、日本国内に住んでいる人のみ使える入金方法です。