未分類

Pixy からの送信データの一例を次に示します

Pixy からの送信データの一例を次に示します

Pixy Swordのページの著作権英和・和英辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

ところで、視野内に複数の物体があるときに送られてくるデータの順序ですが、基本的には Signature の順です。
ここでは、各 Signature に対して視野内にある物体数は 1つとしています。
もし、物体が複数個ある場合は、その物体を囲む枠の大きさの大きい順となります。
上の例では、Signature 1 と Signature 2 の順に Pixy から TK400 にデータが送信されます。
なお、視野内に Signature 1 の物体がない場合は、Signature 2 の情報が最初に送信されます。

Pixy からの送信データの一例を次に示します。なお、データの内容をわかりやすくするために、少し加工(1行16個固定ではなく、適当に改行) しています。

次に、Pixy からの送られてきた物体に関する情報を LCD表示します。
ロータリースイッチを 1 にしてください。

データ構造をより明確にするために、Signature 3 に色を登録した、つまり合計で3個の物体が視野内にあるときの Pixy からの送信データを次に示します。
なお、Configure Window の Pixy Parameters->Blocks 内のパラメータは
Max blocks = 3, Max blocks per signature = 1
としました。