未分類

アイウォレット 入金

アイウォレット 入金

iWallet(アイウォレット)では休眠口座維持手数料として、180日間利用していなければ1年に20ドルもの手数料がかかるからです。

また、アイウォレットでは一目で資金管理ができることも特徴の一つです。1つのアカウントから入出金の流れが一目でわかるため、複数のオンラインカジノで遊ぶことが多い人にとっては資金管理が容易になります。

エコペイズには負けるものの、他のオンラインカジノでも利用することのできるiWallet(アイウォレット)。

特にiWallet(アイウォレット)に銀行振込で入金する人は、一文字の間違いが命とりです。自分でメモするよりも、振込先が表示された段階で送金情報をメール送信・もしくは印刷して、情報を残しておきましょう。

以上でベラジョンカジノにおけるiWallet(アイウォレット)での入金方法及び手順を終わります。

アイウォレット口座から出金するには、35ドル〜0.5%+為替手数料がかかります。またプリペイドカードを使って出金する場合にも、チャージに5ドル〜1.75%の手数料がかかります。

アイウォレットへの入金方法には、クレジットカード入金と海外送金の2種類があります。アイウォレットから出金する場合には、プリペイドカードを発行してATMから引き出すか、海外送金で受け取るかの2種類から選べます。

海外銀行への送金なので(銀行へ)着金するのに3~5日・その後iWallet(アイウォレット)口座に反映するのに1~2日と、かなりの時間を要すのでその点を覚えておきましょう。

アイウォレットの口座は持っていないという人でも、いざという時に持っておくと便利な決済手段です。

以前までは国内銀行振込が無かったので、クレジットカードを持っていない人は国際送金でしかiWallet(アイウォレット)に入金できませんでした。

アイウォレットでの手数料を最小限に抑えるためには、チャージ・出金の回数を少なくする必要があります。そのため、できる限りまとまった金額を出金・チャージすることをオススメします。

クレジットカードを持っている人はそのまま入金OK。持っていない人や手持ちのクレジットカードで入金できない場合は、国内銀行振込を利用することでiWallet(アイウォレット)に簡単に入金できます(もちろんカードの利用に抵抗がある人も使える方法なので、どっちでも!)。

また手数料を抑えるために、入出金や送金の上限を引き上げたい人もいるでしょう。アイウォレットでは、8,000香港ドル(1,000米ドル相当)以上の出金には身分証明の提示による本人確認が必要となります。

オンラインカジノの電子決済サービスと言えば、これまでは「ネッテラー」が主流でしたが、2016年に突然日本でのサービスを停止。そのネッテラー代わりとして登場したのが、ecoPayz(エコペイズ)、そしてこのiWallet(アイウォレット)です。

その電子決済サービスとして、エコペイズ に次いで、注目を集めているのが「iWallet(アイウォレット)」です。