未分類

稼いだお金はベラジョンからエコぺイズ経由で出金もできます

稼いだお金はベラジョンからエコぺイズ経由で出金もできます

エコペイズに入金、ベラジョンカジノへ入金&出金する方法
エコぺイズを間に挟むことで入出金に使える方法が増えます。日本の銀行口座やビットコイン取引所を使ってエコぺイズへ資金を移動できます。稼いだお金はベラジョンからエコぺイズ経由で出金もできます。

ベラジョンカジノの一般的なボーナス条件としては、ボーナス額の20倍となっています。100ドルのボーナスを取得した場合は、2,000ドルをベットしてカジノゲームを遊ぶ必要があるのです。

ベラジョンカジノで出金申請が下りたとしても、銀行側が送金を拒否するケースもあります。銀行によっては、オンラインカジノの送金は受け取ることができないこともあるので、事前に確認しておき、オンラインカジノの送金が可能なのかチェックしておきましょう。

ベラジョンカジノが日本人に一番人気のあるオンラインカジノであることはよく知られていますが、人気があるということは同時に利用するプレイヤーが多いということでもあります。

iWalletを使いベラジョンカジノへの入金と出金する方法を解説
アイウォレットを使った入出金方法を実演しています。

そんなやり取りがあったそうなのですが、結局その時はベラジョン以外のオンラインカジノへの入金をあきらめたんだそう。

出金だけならベラジョンカジノから直接日本の銀行口座に出金が出来るようになったので、儲かったお金の受け取りは銀行でいいや、という方はそれでもOKだと思います。

「ベラジョンカジノはmastercardプリペイドカードで入金できる?」

エコペイズから日本国内銀行にお金を引き出す
ベラジョンで儲かったお金をエコぺイズに移し、そこから日本国内の銀行口座に引き出す方法を解説しました。

また、スロットで長時間プレイした後に一旦止めたところ、ベラジョンカジノからログアウトされてしまうので困っているという人もいます。

「iWallet(アイウォレット)」は、初期段階から日本人プレイヤーが多いジパンググループ(ジパングカジノ、ラッキーベイビーカジノ、カジノジャンボリー)やベラジョングループ(ベラジョンカジノ、インターカジノ)に導入され、現在では、その他多くのカジノへの導入が進んでいる。 エコペイズ同様に、入金もできて、引き出しは、「iWallet Card(アイ・ウォレットカード)」を使って銀行ATMで利用できます。 しかも、既に日本語に対応しているので、両グループカジノのプレイヤーであれば、利用すべきサービスですが、全体として考えると、他のオンラインカジノ企業へ導入されるかというのが、今後の発展の鍵となりそうです。エコペイズの状況を考えると、現状ではメインペイメントと言えます。

普段通りにベラジョンカジノを利用した場合に、どの程度の通信量になるかは把握しておきましょう。

「ecoPayz(エコペイズ)」は、これまでは日本語に対応していませんでしたが、今回のオンラインカジノ企業からの需要に応え、日本語版のウェブサイトの開発や、日本語サポートの対応に着手。 これまでのネッテラーやスクリルと同様に、ATMで引き出しができるカードが発行できる事もあり、ペイセイフ社(Paysafe Group Plc.)が終了するまでの1ヶ月という短い期間でも、各社導入が簡単な事から、ほとんどのオンラインカジノに導入されました。 (2016年9月時点で、ウィリアムヒルカジノやジャックポットシティカジノ・インターカジノ・ベラジョンカジノなど、大手カジノが導入。) 早期の日本人向け市場への参入に着手した事から、ネッテラーに代わる「メインウォレット」としての地位を確率してします。

ただし、クレジットカード入金は手数料がかかってしまうのに対し、その他の方法の場合手数料がかからないというメリットがあるんですね。
とはいえ、一度他のウォレットなどに入金してそこからさらにベラジョンカジノへという風に手間がかかりますので、それであればクレジットカードの方が圧倒的に簡単です。

もちろん、ベラジョンカジノ側でもプレイヤーの増加に対応できるような措置は取られているはずですが、キャンペーンやトーナメントの時期には一気にプレイヤーが増えることもあります。