未分類

イギリスのペイメント企業「ecoPayz(エコペイズ)」

まずは ecoPayz(エコペイズ)のウェブサイトに行ってみます

ここでは、そんなエコペイズについていくつもページを移動して調べる必要がないように、口座の特徴・使い方・各種手数料、そして口座開設から入金・出金などの具体的な手続きまで全部まとめました。

ecopayz(エコペイズ)は、規制が厳しいと云われている英国の金融行為監督機構(FCA)の認可を受けている厳格な審査をクリアした2000年に開業した業者です。FCAの許可番号は900011です。2011年から電子マネー業者として登録されています。サービスがしっかりしていて、実際にはトラブルは少なく海外の利用者の間でも使いやすいと評判は良いです。今回のecopayz(エコペイズ)アカウント作成で複数回カスタマーサポートとやり取りしましたが、迅速丁寧に対応してくれて助かっています。複数の同業他社と比べ、ここのカスタマーサポートは優秀です。PSI Pay社が運営しています。

エコペイズ(Ecopayz)はe-wallet(イーウォレット)と呼ばれるサービスです。イーウォレットとは、簡単に言えばネット口座、インターネット上の財布のようなもの。2000年からサービスを開始し、現在は世界の159ヶ国で利用されています。イギリスに拠点を持ち、もちろん現地当局の認可を受けているため信頼性という点では申し分ありません。

エコペイズ (ecoPayz) は、オンラインカジノやブックメーカーの入出金でもっとも利用されている決済サービスです。

エコペイズ (ecoPayz) は会員登録した後、本人確認書類をアップロードするとシルバー会員になりますが、当サイトから登録するとゴールド会員にランクアップできます。

ここではローカル銀行からの入金、国際銀行振込、仮想通貨による各手続き方法と、ecopayz(エコペイズ)を利用したカジノの入出金について説明しています。

イギリスのペイメント企業「ecoPayz(エコペイズ)」

エコペイズ (ecoPayz) は、2000年に設立した英国企業 PSI-Pay Ltd. が運営する電子マネー決済サービスです。現在173の国と地域で45種類の通貨によるサービスをおこなっています。

まずは、ecoPayz(エコペイズ)のウェブサイトに行ってみます。エコペイズは、イギリスのオンライン決済サービスで、ショッピング(オンラインギャンブルを含め)などの決済をまとめてできるサービスです。まぁ簡単に言うと、ネッテラーと全く同じサービスです。

エコペイズへの入金手段は、三井住友銀行のエコペイズ口座へ銀行振り込みをするか、仮想通貨による入金になります。

自分のエコペイズ口座に入金する一番手軽な方法が、手元のVISAのクレジットカードやデビットカードを使って送金するというやり方です。カードによる入金なら、手続き後に待つことなく瞬時にエコペイズ口座へ資金が送られるので、例えばブックメーカーで賭けたい試合が間近に迫っていても「カードでエコペイズに入金→エコペイズからブックメーカーへ送金→Bet!」ということが可能です。このように入金したい場合は、アカウント上で事前に使用カードを登録します。

手元に証明書が揃っていないなら、その用意やデータ化などの準備には一手間かかるかもしれませんが、エコペイズの画面上で行う作業自体は5分もあれば済みます。流れはこの説明のとおりなので、口座開設が済んでこれから本人確認をされるなら、先に証明書の用意や撮影から始めても良いと思います。サッと済ませて、次の入金へお進みください。

エコペイズの登録方法が動画で説明されています。

日本語に対応しているオンラインカジノは、基本的にエコペイズ (ecoPayz) 決済に対応しているので、送金と受けとりがスピーディに行えます。

ecoPayz (エコペイズ)のアカウントは素早く簡単に設定できます。エコアカウントを登録すると、最大45ヵ国対応通過と互換性があります。ecoPayz (エコペイズ)には、利用可能な通貨口座が合計10種類あります。ヨーロッパ(EUR)、北アメリカ(USD)、日本円(JPY)などで送金することができます。EcoPayzを取る日本のプレーヤーに開いている多くのオンラインカジノがあります を含む Royal Vegas Casino, 888 Casino, Lucky Niki Casino。