未分類

エコペイズ自体は使えますので 銀行出金などで利 …

つまり送金元は (エコペイズが指定する)国内銀行です

エコペイズの英語表記のメールを英訳サイトで試行錯誤して
理解しようとしているのですが、結局何を意図するメールなのか分かりません、何か不備で追加書類が必要なのか・・・・・一応シルバーアカウントにはなったみたいなのですが、(シルバーアカウントになったよのメールはなかったですが、ログインするとシルバーになっていた(‘;’))あとはエコカードなのですが・・・
みなさんは英語表記どうやって理解していますか?

ecoPayz(エコペイズ)から出金するには、前述した高速ローカル出金を使います。つまり送金元は、(エコペイズが指定する)国内銀行です。国内銀行からの送金であれば、日本での利用とみなされて「何のお金なのか?」と確認の電話がかかってくることは無いです。

ちなみに、エコペイズはカジノに特化したサービスではないため、もちろん個人間の送金やエコペイズに対応しているオンラインショッピングサイトでも利用することができます。

エコペイズアカウントは、1年間全く使用しないでいると毎月1.7ドルのアカウント維持費が発生します。

政府から正式な許可を受けての運営なので、公平性やセキュリティーなどの安全性も厳しくチェックされているので心配は無用。オンラインカジノの資金を管理するには、ecoPayz(エコペイズ)はこれ以上ない最適な、信用性のあるサービスなのです。

日本でのクレジットカードでの入金が不可となっている現在では、特にそのような制限は設けられていないため、カジノの入金と出金をエコペイズで行うことは可能となっています。

利便性が高くとも、海外のサービスにちょっと不安を覚える人もいるでしょうが、エコペイズ(ecoPayz)は会社情報などをしっかりと明記しているので安心できます。

10月から、エコペイズ、アイウォレットのような機関への規制が厳しくなるのが確実です。
特にクレジットカードを使っての入金、そしてデビットカードを利用しての出金ができなくなる可能性高いです。
個人の判断だと思いますが、エコペイズのように急に規制されるケースがあるので、残高あまり残さないほうがいいかなと思いました。

エコペイズ(ecoPayz)は世界160ヶ国以上の広い地域でグローバルに利用されているオンライン決済サービスの1つです。気になるセキュリティやプライバシー面においても、安心して利用できるように最新のセキュリティや詐欺防止の最新テクノロジーを採用しています。また、安心して利用できる上にメリットがとても多いのもエコペイズ(ecoPayz)の特徴といえるでしょう。

基本的に、口座の登録や口座維持手数料が無料である点などは同じですが、エコペイズはアイウォレットと比較してみると、銀行口座からの入金が高いですが、出金は安いなど、手数料に違いがありました。

エコペイズ(ecoPayz)には5段階のグレードが用意されており、手数料や上限額にも違いがあります。たくさんの通貨で利用することができるので、自分の利用したいと思っている通貨の手数料をチェックしてみてください。

【2018年8月6日更新】エコカード発行・利用ともに停止となりましたので、エコカードはブックメーカーから全く必要なくなります。エコペイズ自体は使えますので、銀行出金などで利 …

プレイヤーのエコペイズアカウントからオンラインカジノへの入金は問題がない限り、即時に送金が行われます!

入出金方法によっては、入出金が完了するまで時間がかかったり、中には半日から1日かかるサービスがある中でエコペイズの即時送金はとても魅力的なサービスとなっています。

ファミリーマートのATMでエコペイズ引き出しできたー!
けど、ATM手数料がかかったのでセブンやゆうちょで引き出ししたほうがお得ですね…。