未分類

WebMoney(ウェブマネー)のチャージ方法を解説します

■ウェブマネーウォレットで支払う場合

ウェブマネー、電子マネーやオンライン決済システム(トランザクションがウェブマネートランスファーを通じて行われている)である。 WMはウェブマネーの所有者や管理者はオンライン決済システムを転送し、会社を移し、1998年に設立され、ベリーズの法的企業体であるた。 もともと主にロシアのクライアントを対象とし、現在では、世界中で使用されている。

このエントロペイショックを受けて、代案として利用されるようになっていったのがウェブマネーカードです。が、それも今回の改変で終わりを迎え、現状で残っている手段は限られたクレジットカード/デビットカードとアストロペイのみになりました。

かかりませんが、ウェブマネーの場合には金額の0.8パーセントが手数料として必要となります。

ネットカジノをプレイするときに問題となるのが、入金と出金です。入金についてはクレジットカードがあれば問題ないですが、出金ではクレジットカードに出金をしてもらうということが基本的にできません。銀行送金や小切手という方法もありますが、手数料が高額になります。海外のネットカジノをプレイするときにぜひ知っておきたいのが、ウェブマネーの存在です。ウェブマネーといってもさまざまな種類があります。その名の通りウェブ上で使えるお金のようなものであり、国境を越えて利用をすることができることもあります。日本で使われている多くのウェブマネーは日本企業が発行しているものであり、基本的には日本国内でしか使えません。海外でも使えるウェブマネーとなるとかなり限られてくるという点には注意をしておきましょう。

すべてのウェブマネー口座を「財布」として知られている。 これらの「財布」が金同等物(WMG)で実行され、米ドル当量(WMZ)、ルーブル当量(WMR)、ベラルーシルーブル当量(WMB)、ユーロ相当(WME)またはフリヴニャ当量(WMU) 。 月31から、2011システムは、ベトナムđồng当量(WMV)をサポートしていますが、唯一の携帯電話のインターフェイスを介して。
それは珍しいですが、把握することが非常に簡単になり、全世界で11万人のユーザーに人気があるため、概念が複雑に聞こえる。

WebMoney(ウェブマネー)のチャージ方法を解説します。

WebMoney(ウェブマネー)のチャージ方法を解説します。
デルカにログインし、「マイページ」の「デルカチャージ」をクリックしてください。
デルカチャージの「チャージ方法の選択」画面が開きますので、「WebMoney(ウェブマネー)」を選択し、「次へ」をクリックしてください。

■ウェブマネーウォレットで支払う場合
1。「ウォレットで支払う」を選択
2。「ウォレットID」「パスワード」「セキュアパスワード」を入力して「お支払いを行う」をクリックしてください。
3。決済完了画面が表示されるので、内容を確認し「ご利用サイトにもどる」をクリックしてください。

ウェブマネーカードはクレジットカードやデビットカードでチャージして使えるプリペイドカードで、マスターカードのマークが付いています。入金した範囲で決済に使える便利なもの。

海外のネットカジノでお金を稼いで、それを日本国内で現金に換えるとき、ウェブマネーに対応したデビットカードがあると便利です。ネットカジノで稼いだお金をウェブマネーとして引き出して、その後にデビットカードを使って日本のATMで引き出すことができます。ネットカジノを選ぶときには、出金の便利さについても比較をするとよいでしょう。銀行送金や小切手以外にも、さまざまな出金方法に対応しているサイトなら、日本で現金を引き出す手段が増えるはずです。現在はマネーロンダリングや脱税の対策が強化されているので、昔は使えていたはずの決済サービスが使えなくなっているということもあります。必ず最新の情報をチェックしてからネットカジノを始めるようにしておきましょう。海外のサイトでは日本の法律は適用されず、詐欺にあったときにはほとんどの場合に泣き寝入りとなってしまいます。信頼できるサイトを慎重に選んでおく必要があります。インターネットの口コミや評判などを参考にして、信頼できるサイトを探しましょう。

冒頭で触れたとおり、2020年1月16日にウェブマネーカード(Webmoney Card)がオンラインカジノ・ブックメーカーなどゲーミング系サイトへの入金に使用できなくなりました。このことはきっちりと公式に発表されているようです。