未分類

ウェブマネーカード コンビニ

ウェブマネーカード コンビニ

しかし、ウェブマネーはネット上でしか利用することが出来ないので、コンビニや飲食店では使うことが出来ません。

ウェブマネー(WebMoney)はコンビニなどでも購入することができ、ネットショッピングでも使うことが出来る電子マネーになります。

2019年は「キャッシュレス元年」と位置づけられ、国を挙げて現金を使わない決済方法の普及が進められています。20年以上も前からプリペイド型電子マネー「WebMoney」を提供してきた当社。コンビニで気軽に購入でき、個人情報を必要としない安全性の高いサービスとあって、多くの支持を集めてきました。2007年に株式上場を果たし、2011年にはKDDIグループに加入(2019年にauフィナンシャルグループに移管)。より強固な経営基盤を確立し、ビジネスチャンスを広げることに成功した。2014年にスタートさせた「au Pay プリペイドカード(au WALLETプリペイドカード)」の発行枚数は、2018年に2,000万枚を突破。今も、サービス利用者は拡大しています。長年培った高い技術力と強固な経営基盤を強みとし、「au Payアプリ」を中心に「お客様にとって、もっとも身近な金融サービス」の提供を進めるauフィナンシャルグループの一員として、加速するキャッシュレス社会の選ばれる未来を創るため、私たちにしかできない、さらに安心、安全で使いやすく本当に必要な決済ソリューションを提供し続けます。当社はキャッシュレス社会の実現に向けて、大きな社会的使命を担っているのです。2020年4月、「auペイメント」と社名を変更した当社は、第2創業期を迎えています。これから入社される方には、将来性抜群の成長業界で会社の未来を創る一員として活躍を期待します。少数精鋭で一人ひとりの存在意義が大きく、社長や経営陣とコミュニケーションする機会が豊富なのも魅力。経営陣に直接提案できるオープンな社風なので、主体的積極的に事業拡大や業務推進への貢献を体感できます。全員が経営意識をもって、未来を切り拓きたい!そんなカルチャーづくりに挑戦しています。目まぐるしいスピードで変化を遂げているフィンテック業界にあって、キャッシュレス決済サービスも多くの企業の参入によって、お客様に選ばれるサービスを創ることが求められます。だからこそ、当社や事業を成長させる“一人ひとり”が鍵です。あなたの「可能性を見出し続ける限界のない柔軟な発想力」、「自ら高みへ挑み、切り拓き続ける突破力」、「あらゆる事象の原因、理屈へのあくなき追及力」を発揮できるステージがここにあります。ぜひ私たちと一緒に、キャッシュレス社会の実現に貢献し、キャッシュレスのあたらしい当りまえを創造し続けましょう!

音楽配信サイト・オンラインゲームサイトの決済手段のシェアでは非常に利用率が高く、これからのデジタルコンテンツ販売には更に欠かせない決済手段だと考えられます。又、WebMoney決済を導入していないショップ様が多いため、WebMoney決済を導入することでターゲット層の拡大にも大きな効果を期待できます。

なお2019年9月3日を持ってウェブマネーウォレットはチャージサービスが終了。2020年8月31日にサービスを完全停止・自動解約となるため、残高を引き継ぎたい場合はそれまでにWebMoneyプリペイドカードLiteの申込と発行が必須になる。

WebMoneyカードケースは、WebMoneyのチャージ式プリペイドカードの残高を管理できるスマホ用アプリであり、初期状態でアプリに登録されているバーチャルカードのほか、WebMoney Card、au WALLETプリペイドカード、WebMoneyストアーカードを登録でき、それぞれのカードをウェブマネーウォレットを利用する感覚で使用できるアプリで一定の評価を得ているが、プリペイドカード(チャージ式やウェブマネーウォレットも含む)からチャージ式プリペイドカードへの残高移行のみ4%の手数料がかかるのでそれだけは注意。

ネットワーク型電子マネー「WebMoney」を発行するウェブマネーは、店頭のPOSレジで支払いが確定した時点で対象カードを有効化する技術を活用した「WebMoneyギフトカード」の販売拠点を主要コンビニエンスストアへ拡大し2014年8月26日より順次発売すると発表した。

なおバーチャルカードにならプリペイドカードからの残高移行による手数料はかからないが、こっちはこっちで他のウェブマネーに残高を引き継ぐのが基本的に不可能なので、バーチャルカードに関してはむしろ使ってはいけないカードであると専らの評判である。

「WebMoneyギフトカード」は、2013年5月の販売開始以降、店頭のプリペイドカードコーナーからカードを選び、レジに持って行くだけで購入できる新しいタイプのWebMoneyとして、多くのデジタルコンテンツファンに購入・利用されているそうだ。

そこで、便利なのが、ウェブマネープリペイドカードです。

カードケースとウェブマネーウォレットの統合により、上記アプリに一本化された。

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

WebMoney決済は、コンビニなどで販売されているWebMoneyカードに記載されている16桁の英数字を決済画面に入力するだけで簡単に支払いを行うことができる決済手段です。

ウェブマネーもネット上で買い物をする時には非常に便利なサービスでしたが、プリペイドカードは今までに以上に便利にウェブマネーを利用することが出来るようになりました。

また、ウェブマネー加盟店で使用した時にもポイント還元があります。入会後、3か月間は還元率が1.0%で、それ以降はずっと0.5%のポイントが翌月に還元されます。