未分類

エコペイズはオンラインカジノで使えるの?使えます

好きなカジノをクリツクして エコペイズの入金を選んでね

ecoPayz(エコペイズ)に勝利金を送金した後は、ecoPayz(エコペイズ)のアカウント残高が増えた状態ですね。この残高を実際に現金化するためには、ecoPayz(エコペイズ)のランクを確認しておかなければなりません。

ecoPayz(エコペイズ)では複数の通貨から設定できますが、日本円以外の米ドルやユーロなどで設定している人は要注意!というのも、高速ローカル出金は国内銀行同士の振込なので通貨は「日本円」です。日本円じゃなくても高速ローカル出金は行なえますが、米ドルorユーロからは国内口座に着金する時に自動的に日本円に換わります。その時に(日本円に換えるための)通貨換算手数料がかかります。

この3ステップだけでアップグレード手続きが完了します!後は、ecoPayz(エコペイズ)の承認を待つのみ。提出した書類2つとも問題が無ければ、早くて数時間・遅くても1-2営業日には承認されます。もし何か不備があったりなどしたら、きちんと理由が書かれたメールが届きます。対処して、再度審査してもらいましょう。無事に承認されてシルバーアカウントになってから、高速ローカル出金で資金を引き出してください!

エコペイズ (ecoPayz) は会員登録した後、本人確認書類をアップロードするとシルバー会員になりますが、当サイトから登録するとゴールド会員にランクアップできます。

ecoPayz(エコペイズ)残高からの出金は、国内銀行振込である「高速ローカル出金」と海外送金の「国際銀行振込」の2つの方法から選べることが分かりました。

手元に証明書が揃っていないなら、その用意やデータ化などの準備には一手間かかるかもしれませんが、エコペイズの画面上で行う作業自体は5分もあれば済みます。流れはこの説明のとおりなので、口座開設が済んでこれから本人確認をされるなら、先に証明書の用意や撮影から始めても良いと思います。サッと済ませて、次の入金へお進みください。

ecoPayz(エコペイズ)の残高の出金方法は、国内口座へと振り込む<高速ローカル出金>・国際銀行を使う<海外送金>といった2種類の方法があります。先ほどの注意点の章で、反映まで5-7日程度かかることを記載したのでこれで不安を覚えた人も中にはいることでしょう。

しかし、トータル手数料そして反映までの時間を考えると・・圧倒的に<高速ローカル出金>の方法がオススメです。出金額の1%でも、出金額が多いほど手数料が高くなるのは理にかなっていますし・・一番低くても2,000円弱の手数料で済むので、海外送金とどちらが良いかは明確ですよね。ecoPayz(エコペイズ)内のお金は、是非【高速ローカル出金】でスムーズに出金してください。

エコペイズとは?エコペイズはオンラインカジノやギャンブルに使えるオンライン支払いサービスの事、いわゆる電子マネーです。エコペイズはオンラインカジノで使えるの?使えます。オンラインカジノの支払いに一番便利で簡単な方法と多くのプレイヤーに選ばれています。ecopayzはコンビニやATMで使えるの?エコペイズにクレジットカード機能がついたカードがありますが、これは日本では2018年に利用が停止されています。エコペイズが使えるオンラインカジノはどれ?ミスターカジノバでリストアップしているほとんどのカジノでecopayzを使用する事ができます。好きなカジノをクリツクして、エコペイズの入金を選んでね。エコペイズに手数料はかかるの?クレジットカードや、銀行送金を組み合わせる際に一部かかります。

エコペイズ 入金方法として安いのは仮想通貨の方法(ecopayz bitcoin)です。金額を入力して確認すると送信先アドレスが表示されるのでBTCを送金します。手数料無料で1時間程度で反映されるので手軽に利用できます。
それ以外にもエコペイズ 入金方法としてバウチャーを購入して登録して使うエコペイズ エコバウチャー(手数料2.9%)や空港などに設置された余ったお金を電子マネーに変えるポケットチェンジも利用できます。ポケットチェンジの端末からエコペイズを選択してお金を投入し、バウチャーをエコペイズに登録すれば完了です。

エコペイズはオンラインカジノやギャンブルに使えるオンライン支払いサービスの事、いわゆる電子マネーです。

手数料は入金額の5%。例えば10,000円入金したら500円がエコペイズの手数料としてかかります。
また、送金先の銀行とご利用の銀行が異なる場合、銀行の振込手数料が別途かかります。

一律10ユーロと、ecoPayz(エコペイズ)側の手数料が安いのは利点ですが・・この方法は海外からの送金なので、受け取る銀行によって被仕向送金手数料・また中継銀行手数料としても数千円かかります。

しかしこれらの銀行は、どちらともecoPayz(エコペイズ)からの入金を受け付けていません。手数料無料でも口座への着金を拒否されるならば、利用できないですね・・こうなると、ecoPayz(エコペイズ)への返金もかなりの日数がかかるので要注意。

通常は、2,500ユーロ(約32万円)以上エコペイズへ入金し、ブックメーカーへ総額25,000ユーロ(約320万円)を送金しなければゴールド会員にはなれません。