未分類

プレイテック系はバカラが6デック ライブバカラが8デックです

プレイテック系はバカラが6デック ライブバカラが8デックです

バカラを長期的にプレイする場合重要なのは技術面ではなくメンタル面です。メンタル面で気をつけたい事は大きく分けて2つ。

いかがでしょうか?バカラのルールはシンプルなのでカジノ初心者の方にぜひ最初に遊んで頂きたいゲームです。一番わかりづらいのは3枚目が配られる条件についてですが、この点はよく分からなくても全てディーラーが進行してくれるので心配はいりません。

世界中のプレイヤーを魅了するバカラの面白さは一度遊んでみればきっと分かると思いますよ。

実際には、各ソフトウェアでデック数は異なります。例えば、エベレストゲーミング系は、シングルしかありません。
プレイテック系はバカラが6デック、ライブバカラが8デックです。マイクロゲーミング系は3種類あり、シングルが1種類、8デックが二種類となります。

バカラとは「PLAYER(プレイヤー)」と「BANKER(バンカー)」どちらが勝つか、もしくはTIE(タイ=引き分け)になるかを予想して賭けるゲームです。

1490年代、イタリアでの戦争から帰ってきた兵士によってバカラはフランスに伝わりました。

なお、今回説明で使用するバカラのゲーム画像は全てベラジョンカジノで遊べるバカラから取得しました。

Aは1扱いで、2から9はそのままの数字を使います。そして、ブラックジャックと違う点としては、10以上のカードの扱いです。
バカラでは10以上、ジャック、クイーン、キングの全てが「0」扱いになっているのが特徴でしょう。しかし、実際に利用者がやることは予想です。

①について:バカラに限らずどんなギャンブルにも言える事ですが深追いは良くありません。前回に負けた分を取り戻そうと気負っていませんか?その日その日に集中して毎日勝ちを積み上げていく事が大切です。

初心者向け オンラインカジノのバカラ実践記バカラの基本的なルールについて勝負の流れを読もういざ、実践開始!

ルールを一言で言うと『AかBどちらのカードが9に近いかを当てるゲーム』基本的にこれだけ。このルールから想像できる通り、バカラは遊び方が簡単で戦略よりも運のゲームと言う特徴を持ちます。

バカラは基本的に2択勝負なので様々な投資法が利用できます(*基本的にと言うのは、厳密にはバカラでは使用されたカードが残りのカードに影響する為。例えば絵柄カードが既に多数使用されているとその後絵柄カードがでる確率は低くなります)。

バカラがアメリカで一番最初にプレイされた時期も諸説ありますが、ニューヨークタイムズによると1871年にプレイされたのが最初と言われています。

*例2では足し算すると7+8で15ですが “バカラでは2枚のカードの合計が9を超えた場合、下一桁のみカウントする” ルールがある為ここでは5とみなされます。

現実で行われるバカラは危険であると断定してもいいでしょう。非常に多額の金額が動くとされており、またカジノでも別室で行われることが殆どです。
実際の現場がどのようなものか、詳しいことは分かりませんが異様な空気なのは間違いないでしょう。大金と、その場の空気が判断力を失わせる大きな原因と言えるのではないでしょうか。