未分類

世界最大のポーカールームで腕をふるってみて下さい

世界最大のポーカールームで腕をふるってみて下さい

James Akenhead/ジェームズ・アケンヘッドやFedorHolz/フィドール・ホルツも、年若くして大きな大会で優勝した後引退を発表していますが、しばらくしてポーカー界へ戻り現在でもプレイしているプレイヤーたちです。

しかし、ワタクシが2回の人生をかけても稼げない額をポーカーで短期間のうちに稼げるなら、やはり良い仕事じゃないですか。引退したものの、ピーターはすぐにポーカー界へカムバックし、2013年までプレイをしていましたがその後は姿を見ていません。

多くのポーカープレーヤーは、クラシックなカードゲームというポーカーを後にし、ベンチャービジネスへ取り組む決断をする様です。ポーカーに疲れてしまったのか飽きてしまったのか、もしくは新しいことに挑戦したくなったのか、真の理由はわかりませんが、別の人生のためポーカー界から去った少数のプレイヤーもいます。

まだ現役のPhil Ivey/フィル・アイビーは、WSOPだけでも10個のブレスレットを保持し、これまでにポーカーだけでも約29億円という賞金を獲得しています。しかし、それだけではアイビーは退屈だったよう。

Annie Duke/アニー・デュークはかつて、史上最強の女性ポーカープレイヤーとして知られていました。彼女はトーナメントで約5億円を獲得し、WSOPブレスレットも獲得しています。

デュークはこの事件への関与を否定し、2012年、再びWSOPに参加しましたが、他のプレイヤーたちが彼女に対して不快感を表し、それ以来ポーカーシーンには姿を現していません。現在はポーカー本を執筆したり、モチベーション演説家、ライフコーチとして新しいキャリアを捜索しています。

あるインタビューでイーストゲートは、スポーツベットで高額ベットをし続け派手に負け、その上オンラインポーカーでも負けが続き、今はWSOPの勝利金の残りで、故郷のデンマークでのんびり暮らしていると語りました。

しかしデュークは、事実上スキャンダルのために引退を余儀無くされたプレイヤーの一人です。閉鎖されたポーカーサイト、Ultimate Bet/ウルティメイト・ベットの詐欺スキャンダルに関与した人物のリストに名前が挙がっていたのです。

Phil Gordon/フィル・ゴードンは、世界的なポーカーツアーシーンの常連でした。彼はワールドポーカーツアー(WPT)のサイドイベントでもタイトルを獲得し、約3億円のキャリア収入を得ました。2011年からポーカーシーンからは姿を消しましたが、ポーカー攻略本を出版したり、Chatboxと呼ばれるデジタルメッセージビジネスを立ち上げています。

Tony G/トニーGとしても知られるAntanas Gouga/アンタナス・グーガは、ヨーロッパの国会議員になるためにポーカーをやめるという、人生を変える大きな決断をしました。グーガはそれまでに5億円以上のキャリア収入を得ていましたが、政治に関わりたいという衝動を抑えきれなかったようです。

世界最大のポーカールームで腕をふるってみて下さい。

ロゴをクリックするとダウンロード開始
インストールが完了しましたらポーカースターズを起動してください。
起動後、ロビー画面の右下にある「アカウントを作成する」ボタンを押下して下さい。