未分類

最近はオンラインカジノの影響でバカラの人気も高まっています

最近はオンラインカジノの影響でバカラの人気も高まっています

カジノでは自分の好きなゲームを楽しむことができます。ルーレットやスロットは初心者にも人気が高いゲームです。最近はオンラインカジノの影響でバカラの人気も高まっています。ブラックジャックやポーカーに比べて昔は知名度が低かったバカラですが、最近は大人気のゲームです。バカラはシンプルなゲームなので、初心者でも参加しやすいというメリットがあります。アジアのカジノではバカラのテーブルが多いカジノが多いです。本場のカジノというとラスベガスが有名ですが、アジアには初心者向けの有名カジノが数多く存在しています。日本から近いマカオと韓国には、カジノが楽しめる有名スポットがあります。

マカオは特にバカラの人気が高く、バカラを楽しみたいプレイヤーがマカオを訪れます。マカオは世界遺産など観光スポットも多いので、カジノだけでなく観光も楽しむことができます。成田空港と関西国際空港から直行便が出ているので、5時間程度で到着します。マカオのカジノは、中国人の富裕層が多いです。マカオ半島など2つのエリアにカジノホテルが集中しています。ゴージャスな高級ホテルが多いですが、料金はそれほど高くないので日本人観光客にも人気があります。本場ラスベガスに負けないほどキラキラした外観が特徴のMGMマカオホテルには、世界中から多くのプレイヤーが訪れます。MGMマカオホテルは歴史あるホテルで、昔から日本人観光客の評価が高いです。カジノ初心者でも安心してバカラやブラックジャックなどの人気ゲームを楽しめます。

カジノのゲームは大きくテーブルゲームとゲームマシンとあり、カジノディーラーの仕事はテーブルゲームをするお客様を楽しませることです。
テーブルゲームにもいくつかあり例えばカジノの女王とも呼ばれているルーレットでは、カジノディーラーがベルを1回鳴らしてお客様にゲームの開始を知らせます。
ベルを合図にお客様は自分が好きな数字や場所にチップを置き、全てのお客様が起き終わったのを確認してカジノディーラーはルーレットの上部のノブを使ってホイールを回転させて、回転方向と逆の方向にボールを投げ入れます。
ボールが回転している途中でもお客様はチップを置くことができますが、カジノディーラーはタイミングをみてノー・モア・ベットと告げてベルを2回鳴らしベットの終了をお客様に知らせます。
カジノディーラーはボールが落ちた数字を宣言し、お客様が外れたチップを回収して的中したベットには配当のチップをお客様に上げます。
ルーレットの他にカジノディーラーが行うテーブルゲームとしてポーカーやバカラなどのトランプゲームがありますが、カジノディーラーの仕事はただ単に勝負に勝つことではなくいかにお客様を楽しませるかです。

海外のバカラプレイヤーたちが頻繁に情報交換している掲示板を見ていると、グレッグ・フレッチャーという人の名前が出てきます。フレッチャー氏は、「アタック戦略」という独自のバカラ戦略を考案した人物です。

すると、その集団らしき人物達がバカラテーブルを囲んでプレイをしていた。年齢は50代くらいとみられる日本人男性2人と、韓国人とみられる体格のいい男性1人の3人組だ。黙って少し離れた背後の位置からゲームの推移を見守っていると、1シューター(約70ゲーム)で31回も勝利した。また、次の1シューターでは24回の勝利。まさに、確実なタイミングで勝利していた。1回につき3000香港ドル(約4万円)をベットしていたので、単純計算しても約90分間で16万5000香港ドル(約223万円)を手にしたことになるのだ。

カジノディーラーになるには特別な資格や学歴などは必要ありませんが、どこかのカジノで働く場合には必ず技能試験が行われます。そのためルーレットのやり方やポーカーやバカラなどのトランプゲームのルールだけでなく、マナーやギャンブルの心理やお客様を楽しませる術などを身に付ける必要があります。2016年12月15日にカジノを中心とする統合型リゾート整備推進法が可決し、いよいよ日本にもラスベガスやマカオにあるようなカジノが誕生するようです。そのため日本でもカジノディーラーを養成する、カジノスクールがいくつか創設されています。カジノスクールの応募資格はどこも満20歳以上であることや、これまで違法カジノで働いた経験や犯罪歴がないことや、暴力団や反社会勢力に属していないことです。カジノスクールではルーレットやポーカーやブラックジャックやバカラなどのトランプゲームのことだけでなく、カジノの歴史や法律や心理学や確率などについても学んでいきます。さらに日本を訪れる外国人観光客などもカジノに訪れるので、英会話や恥ずかしくないようなマナーなどについても学びます。