未分類

そこで 便利なのが ウェブマネープリペイドカードです

そこで 便利なのが ウェブマネープリペイドカードです

ウェブマネーウォレット+は2012年11月5日をもってウェブマネーウォレットにサービスが統合されており、現在は存在しない。また更にクレジットカードからウェブマネーウォレットへのチャージも2017年11月27日を最後に出来なくなる予定である。

ウェブマネーカードは、直接オンラインで使用することも、すでに所有しているウォレットなどに追加やチャージすることもできますが、注意点や一部に制限もあります。

デルカにログインし、「マイページ」の「デルカチャージ」をクリックしてください。
デルカチャージの「チャージ方法の選択」画面が開きますので「WebMoney(ウェブマネー)」を選択し、「次へ」をクリックしてください。

WebMoneyカードケースは、WebMoneyのチャージ式プリペイドカードの残高を管理できるスマホ用アプリであり、初期状態でアプリに登録されているバーチャルカードのほか、WebMoney Card、au WALLETプリペイドカード、WebMoneyストアーカードを登録でき、それぞれのカードをウェブマネーウォレットを利用する感覚で使用できるアプリで一定の評価を得ているが、プリペイドカード(チャージ式やウェブマネーウォレットも含む)からチャージ式プリペイドカードへの残高移行のみ4%の手数料がかかるのでそれだけは注意。

ウェブマネーもネット上で買い物をする時には非常に便利なサービスでしたが、プリペイドカードは今までに以上に便利にウェブマネーを利用することが出来るようになりました。

更にMastercard®プリペイド付きWebMoney Cardの発行が2014年5月14日より開始され、2015年11月16日から、ウェブマネーウォレットからWebMoney Cardへの残高の引継ぎが可能になったことから、ウェブマネー社からもウェブマネーウォレットの残高の移行を促していることから、現在はウェブマネーウォレットのスマホ版アプリともいえるWebMoneyカードケースにウェブマネーウォレットは役目を受け渡しつつある。

ネットワーク型電子マネー「WebMoney」を発行するウェブマネーは、店頭のPOSレジで支払いが確定した時点で対象カードを有効化する技術を活用した「WebMoneyギフトカード」の販売拠点を主要コンビニエンスストアへ拡大し2014年8月26日より順次発売すると発表した。

株式会社ウェブマネーはKDDIの完全子会社なので、全国にあるauショップでも残高のチャージが可能。
かつては1000~10000円の間でチャージ可能な方法もあったが、現在は1000~45000円(自遊空間は1000~25000円)までの定額チャージしか選択できない。

なお2019年9月3日を持ってウェブマネーウォレットはチャージサービスが終了。2020年8月31日にサービスを完全停止・自動解約となるため、残高を引き継ぎたい場合はそれまでにWebMoneyプリペイドカードLiteの申込と発行が必須になる。

しかし、ウェブマネーはネット上でしか利用することが出来ないので、コンビニや飲食店では使うことが出来ません。

WebMoneyギフトカードは、購入時には個人情報は不要ですし、利用時も直接オンラインサイトで番号を入力して使うことができます。もし、残高を使い切らないうちに番号を紛失すると、追跡することはできません。カードの紛失には十分注意するとともに、登録が必要となってしまいますが、ウェブマネーウォレットやカードケースアプリなどの利用をおすすめします。

そこで、便利なのが、ウェブマネープリペイドカードです。

カードケースとウェブマネーウォレットの統合により、上記アプリに一本化された。

ウェブマネーポイントは、1point=1円として利用することが出来るので、現金で買い物をするよりもウェブマネープリペイドカードを利用した方が断然お得ですね。

なおバーチャルカードにならプリペイドカードからの残高移行による手数料はかからないが、こっちはこっちで他のウェブマネーに残高を引き継ぐのが基本的に不可能なので、バーチャルカードに関してはむしろ使ってはいけないカードであると専らの評判である。