未分類

独自ドメインの取得にウェブマネーが使えます

ドメインの年間の更新もウェブマネーで支払いができます

ウェブマネーをウェブマネーウォレットに登録してしまったら売却はできないので、ギフトコードの状態のまま出品する必要があります。

WebMoney Card(ウェブマネーカード)は、MasterCard提携のプリペイドカードです。

チャージ方法
ウェブマネーのプリペイド番号を入力(撮影)することで、アプリ内のWebMoneyカードケースにチャージできる。

格安のドメイン取得サービス・バリュードメイン。独自ドメインの取得にウェブマネーが使えます。

また、ウェブマネーはプリペイド番号を相手に伝えることで、匿名のまま送金することができます。この方法を使って、個人情報を伏せたままゲームのアカウント同士でお金のやりとりをするという利用も行われています。

電子マネー「WebMonay(ウェブマネー)」に関する評判を集めてみました。実際に使っている人の口コミ情報を元に、お得な使い方を調査します。

とにかく、小額からウェブマネーが使えるところで使いきってしまう方法です。

注意点として、ウェブマネーは他人にプリペイド番号を知られてしまうとトラブルの元になってしまいます。相手に番号を伝えるときは、十分に注意して内容を理解してから行うようにしてください。

使い方
ウェブマネー支払いに対応したネットショップなどで、レシートに記載されている番号を入力するだけです。

ウェブマネーが使える電子書籍ストアの一例。

ギフティッシュは、ウェブマネーを売却することができるサイト。手数料と相場を見た感じでは、90%前後の現金化になりそう。

ゲーム課金を中心にネットでの支払いに便利なウェブマネー。ネットショッピングなどでも使えますが、やはりモンスターハンターやパズドラなどのゲームアイテムを購入する時に使う方が多いです。

特定加盟店専用タイプ
また、シートタイプのウェブマネーには「特定加盟店専用タイプ」と呼ばれる種類のものがある。これは、「Crysta専用」「TSUTAYA オンラインゲーム専用」など、支払いに使える場所が限定されている特別なウェブマネー。

ドメインの年間の更新もウェブマネーで支払いができます。

うぇぶまねー【ウェブマネー】:東京に本社を置く企業、また同社が運営する仮想通貨のブランド。16桁の番号に通貨価値を持たせることで複雑な磁気カード・ICカードやハードウェアを必要とせず、利用者の匿名性を保つことができる。コンビニなどで手軽に入手可能。