未分類

ecopayz 出金

ecopayz 出金

3.出金額(15ドル~10000ドルの出金できる範囲内)を入力し、仮想通貨をクリックします。

まずはエコペイズの出金手段としてどんな種類があるかと、それぞれの出金手段の特徴やメリットについて解説していきます。

ecoPayz(エコペイズ)が指定(提携)している日本国内の銀行口座から、自分の銀行口座へと振り込みすることで出金する方法です。実際は、提携先の国内銀行口座といっても国内の収納代行サービスを経由する仕組み。どちらにせよ、送金元は国内の銀行口座なので=銀行振込が可能になったということ。2018年の10月に登場した、新しい出金方法なんですよ。ecoPayz(エコペイズ)アカウントを日本円にしておくと、余計な手数料がかかりません。

エコペイズから高速ローカル出金で自分名義の銀行口座に出金するには、必ず「日本円アカウント」から出金申請を行わなければいけません。

どちらも1回の出金につき、です。シルバーアカウントでこの最高出金額6,000万円が適用されます。最低出金額が約600円なので少額から出金できますが、次に説明する手数料のことを考えると‥ある程度はまとめて出金した方が、トータルコストが安く済みます。

今回は、この銀行口座への出金方法=『高速ローカル出金』について徹底解説します!

・24時間内で1~3回目までの出金申請には手数料は発生せず、無料です。4回目の出金申請から出金金額の3%の手数料が発生します。

国際銀行送金は、ここで限度額と手数料そして反映までの時間を記載しておきます。後述する高速ローカル出金と比較してみてください!

4.仮想通貨ウォレットのアドレスを入力し、「ビットコイン」「ライトコイン」「イーサリアム」「リップル」のいずれかを選択したら、「ご出金」をタップします。

ecoPayz(エコペイズ)の残高の出金方法は、国内口座へと振り込む<高速ローカル出金>・国際銀行を使う<海外送金>といった2種類の方法があります。先ほどの注意点の章で、反映まで5-7日程度かかることを記載したのでこれで不安を覚えた人も中にはいることでしょう。

このサービスは、まとまった資金を出金すれば手数料も低く抑えることができ、申請から1〜3営業日以内に自分の銀行口座に資金が振り込まれます。国際送金よりかなりメリットが高いので、オススメの出金方法です。

・最大出金額は、1回につきの最大です。それ以上出金したい場合は、複数回に分けて申請すればOKです。1日の限度額や1カ月の限度額などの出金上限はありません。

また、振込元がecoPayz(エコペイズ)であっても海外からの送金には変わりがないため・・着金(振込)先の銀行によっては「どのように、どこから得たお金か」と詮索される可能性が大です。

ecoPayz(エコペイズ)から高速ローカル出金を使って、銀行口座へと出金する詳しい手順を見ていきましょう。

ちなみに、新生銀行・ソニー銀行はecoPayz(エコペイズ)からの着金を拒否しているので振込先に指定できないので、これは不便。銀行によって異なるものの、出金のたびに聞かれたりスムーズに出金できなかったりしたら‥たまったもんじゃないですよね。