未分類

それがエコペイズからの請求のものです

それがエコペイズからの請求のものです

それがエコペイズからの請求のものです。

もちろんこの方法を使っても良いのですが、ecoPayz(エコペイズ)に入金する(を利用する)目的がオンラインカジノならば、JCBカードに対応しているオンラインカジノに直接入金する方法があることも知っておいて下さい!銀行振込だとecoPayz(エコペイズ)口座にお金が無いと無理ですが、JCBカードで直接入金できるオンラインカジノを選べば後払いで済みますからね。

エコペイズにクレジットカードで入金をする際には、クレジットカードの登録と認証をしなくてはなりません。

エコペイズに入金、ベラジョンカジノへ入金&出金する方法
エコぺイズを間に挟むことで入出金に使える方法が増えます。日本の銀行口座やビットコイン取引所を使ってエコぺイズへ資金を移動できます。稼いだお金はベラジョンからエコぺイズ経由で出金もできます。

ecoPayz(エコペイズ)はオンラインカジノの決済方法として広く利用されていますが、ecoPayz(エコペイズ)への入金にJCBカードは使えません!もし、ecoPayz(エコペイズ)に入金する理由(目的)がオンラインカジノへの入金ならば、JCBカードから直接入金できるオンラインカジノを探しましょう!

ネットカジノのVera&Johnは電子決済サービスで入金することができます。
オンラインカジノのVeraJohnの入金に使用できる電子決済サービスは現在・ecopays(エコペイズ)
・VenusPoint(ヴィーナスポイント)
・MuchBetter(マッチベター)
となっています。
オンカジのVeraJohnに電子決済サービスで入金する場合・入金手数料は無料
・入金時間(入金スピード)は即時
・入金は100%成功する
・出金にも同じ口座が使える
などのメリットがありますが・事前に電子決済サービスのアカウント開設をしないといけない
・電子決済への入金→Vera&Johnへの入金という2段階の入金手続きが必要
・電子決済への入金に入金手数料がかかる
のがデメリットです。
特にエコペイズ、ビーナスポイント(VenusPoint)、MuchBetter(マッチベター)などのアカウント開設手続きは・本人確認書類(運転免許証など)
・住所確認書類(水道光熱費などの公共料金の請求書など)
の提出が必要でやや面倒くさい作業なこともあり、敬遠する人もいるのが実情です。
ですが、ecopays(エコペイズ)、VenusPoint(ビーナスポイント)、マッチベター(MuchBetter)などの電子決済サービスはベラジョンカジノ以外のネットカジノの入金や出金にも使えるので、アカウント開設は面倒ですがやっておくメリットはあります。

しかし、これをクリアーして頂ければ、すぐにクレジットカードでエコペイズに入金ができます。

エコペイズに登録が済んだら、時間があるときにシルバーアカウントへアップグレードをさせておく必要があります。

今お金が無くても後払いできるクレジットカードはとても便利なのですが、オンラインカジノの入金でecoPayz(エコペイズ)を利用する時は全く無意味なものになってしまうんです。では、JCBカード以外ではどういった方法がecoPayz(エコペイズ)に入金できるのでしょうか?

ecoPayz(エコペイズ)に入金するのは、銀行振込で入金可能なローカル入金のWire Pay(ワイヤーペイ)がオススメとお伝えしました。

更に、ecoPayz(エコペイズ)では日本円で入金しても、ecoPayz(エコペイズ)の設定通貨をドルやユーロに設定している場合、自動的にその通貨へ換算してアカウントに着金(反映)されるので、私たちはただ口座から振り込むだけなんです!

しかし、冒頭でもお伝えした通り、ecoPayz(エコペイズ)への入金にJCBカードを含む『クレジットカード全般』が利用できません。その理由は【ecoPayz(エコペイズ)ではオンラインカジノの入金目的でクレジットカードの使用が禁止されているから】です。

まずはエコペイズのトップページに表示してある「無料でアップグレード」を押します。

ここで簡単に、ローカル入金のWire Pay(ワイヤーペイ)のやり方(手順)を記載しておきます。ecoPayz(エコペイズ)のアカウントを作成してからなので→作っていない人は、まずアカウントを作ることから始めて下さいね。

ecoPayz(エコペイズ)にWire Pay(ワイヤーペイ=銀行振込)で入金した場合、日本円からecoPayz(エコペイズ)の設定通貨に自動的に換算してくれるので、特段何か作業が要るということはありません。しかし、ecoPayz(エコペイズ)への手数料が5%かかります。もし1万円入金したとすれば、5%分の500円が手数料として必要になります。