未分類

それを解決してくれるのがアイウォレットです

アイウォレットは 香港政府によるMSOライセンスを取得しています

アイウォレットは世界中のユーザーをターゲットとしてフィリピンや香港などにも支社を構えています。そのため、以前までは日本語対応はしていませんでしたが、現在では日本語対応のサイトとなっただけでなく、カスタマーサポートも日本語対応となりました。

アイウォレットは、香港政府によるMSOライセンスを取得しています。
これは、「マネー・サービス・オペレーターズ・ライセンシング・システム」の略で、金融に関するプロフェッショナルと認められた企業に交付されます。
政府のお墨付きを得ている会社なので、安全性に問題点は見当たりません。

また手数料を抑えるために、入出金や送金の上限を引き上げたい人もいるでしょう。アイウォレットでは、8,000香港ドル(1,000米ドル相当)以上の出金には身分証明の提示による本人確認が必要となります。

それを解決してくれるのがアイウォレットです。アイウォレットの口座をもっている個人または法人の人へ即送金が可能となっています。さらに、取扱い通貨は多く主要の9通貨に対応しています。

登録も簡単で便利なアイウォレットですが、利用をはじめるときに注意しておくと良いポイントがありますのでご説明いたします。

また、アイウォレットを使う際には、口座へ資金を入金する必要があります。入金方法は、クレジットカードまたは海外送金の2種類から選べます。一方で、アイウォレットの資金を引き出す場合は、プリペイドカードを発行してATMから引き出すか、または日本国内銀行から出金を行うことができます。

アイウォレットは、イギリス・フィリピン・香港に拠点を構える、電子決済サービスです。

また、アイウォレットでは一目で資金管理ができることも特徴の一つです。1つのアカウントから入出金の流れが一目でわかるため、複数のオンラインカジノで遊ぶことが多い人にとっては資金管理が容易になります。

アイウォレットは同じ電子決済サービスであるエコペイズと比べ、少し手数料が割高になります。

利用中のサービスから、アイウォレットに引き出し処理を行った後、アイウォレット口座に払い出された残高を、指定の銀行への送金や、プリペイドカードを使ってのATM利用で、引き出しを行う事ができます。

アイウォレットは、本人確認書類の提出が不要なため、匿名性を保ったままサービスを利用できます。さらに、アイウォレットは香港政府発行のライセンス「MSO(Money Service Operators License)」を取得して運営を行っており、SSL暗号化技術や最先端のファイアウォールシステムを採用することで、個人情報の保護を徹底しています。

この記事では、これからアイウォレットを使ってみたい人向けに、アイウォレットの概要から、アイウォレットの手数料、アイウォレットで入金・出金するメリットとデメリット、そしてアイウォレットの始め方について解説します。

マーケットは世界中というオンラインカジノでは、遊んでいるプレイヤーも世界各国に居住しています。 多くのカジノで使える通貨は、アメリカドルかユーロですが、引き出す場合は、自分の居住国の通貨にしたいもの。 アイウォレットは、口座内で、7
つの通貨(USD/JPY/EUR/GBP/SGD/HKD/CNY)に対応。 自分の好きなタイミングで外貨両替ができます。 これでドル高・ユーロ高の時期に両替しておけば為替利益を出すことも可能です。

アイウォレットは、完全日本語対応のサイトで、日本人でもスムーズに利用ができます。

当ページでは、人気のアイウォレットについて、特徴からメリット・デメリット、手数料、アカウントの登録方法まで徹底解説します。