未分類

日本語対応のブックメーカーは基本的にエコペイズが使えます

日本語対応のブックメーカーは基本的にエコペイズが使えます

エコペイズ (ecoPayz)はPSI-Pay Ltdが運営するオンライン決済サービスで、Electronic Money Regulations 2011の規制の下、イギリスFinancial Conduct Authorityにより認可を受け、電子マネーの発行を行っています。

エコペイズはほぼすべてのオンラインカジノに対応しているので、入出金方法として便利です。

エコペイズ入金する時も仮想通貨を利用することで、手数料をまったくかかりません。

2018年8月にエントロペイがEEA(ヨーロッパ)以外でのサービスを縮小したため、多くの日本人プレイヤーは今後エコペイズを使ってブックメーカーとやりとりする機会が増えると思います。すでに使いこなしている方はここでの説明は不要だと思いますが、まだ使いたての方、これから口座開設して利用していく方は入金時のマニュアルとして使ってください。

ecoPayz(エコペイズ)にビットコインで入金する方法は簡単で、ecoPayz(エコペイズ)の入金先ビットコインアドレスに、ビットコインを送金すれば入金できます。

日本語対応のブックメーカーは基本的にエコペイズが使えます。

でも、オンカジでも取り扱いのあるところは大分増えてきているし、例えば現金の入出金方法が使えなくなったとしても、ビットコインを持っていれば強い。エコペイズ 、エントロペイなど次々と規制がかかる中、ビットコインが使えるカジノではビットコインを利用するのが良いかもしれません!

早速、ecoPayz(エコペイズ)にビットコイン(仮想通貨)で入金する方法や手順、入金する際の注意点などを説明していきます。

口座に入っている資金は利用可能なので、エコペイズが利用できるオンラインカジノで遊んで、別の方法で(Venus Point等)で出金する事もできますね。

2016年にオンラインカジノへの利用ができなくなったネッテラー(Neteller)に代わる決済サービスとして注目されており、日本語対応も充実してきています。TOP10カジノスロットでもお勧めのベラジョンカジノ、ワンダリーノカジノ、カシュミオカジノでももちろん利用可能で、エコペイズの取扱いが無いオンラインカジノを探す方が大変です。

すでにエコペイズをご利用中の方は、2019年5月30日に「6月3日より、ecoAccountのアクセスに二段階認証が必要となります」というメールを受け取られたかと思います。 従来、アカウントへログイン …

いかがでしょうか?「銀行振込」「ビットコイン送付」の2つの方法でエコペイズに入金する具体的な手順をみてきましたが、どちらも誰でも簡単に手続きできます。ビットコインの方は慣れると本当に楽で早い。賭けたい試合やイベントが迫っていてもサクッと入金できます。

*このページの上部にも掲載していますが、エコペイズから日本国内の銀行口座へ素早く出金できる新サービスが公開されました。エコカードが使えなくなっても、ユーザの「早く出金したい!」を叶えるサービスとなっています。

ネット口座エコペイズ(Ecopayz)から資金を引き出す方法は、以前は「カードでATMから出金」と「国際送金」という2つの方法がありました。しかし、サービスの改定によって2018年8月以降はプリペイド …

エコペイズに仮想通貨入金をしたとしても、オンラインカジノに入金する時は仮想通貨ではなく「エコペイズ入金」となります。