未分類

vプリカ 手数料

vプリカ 手数料

ライフカードでVプリカを購入することでVプリカを200円OFFで購入することができるので、実質手数料を無料にすることが可能です。

コンビニなどで売っているVプリカギフトは、一律200円で1万円以上の場合のみ390円の発行手数料がかかります。手数料はかかるものの、その場で素早く手に入る点はメリットといえます。

Vプリカの購入には一律200円、1万円で390円の手数料がかかるためこれを節約することが大切です。ネットで購入するなら、Life Cardからチャージすることがおすすめであり、これを使うことで手数料が200円割引となります。

Vプリカカードは安全性、利便性、匿名性に優れたVISAのネット専用プリペイドカード。ライフカードで買えば購入手数料が実質無料!VISAクレジットカード加盟店で使えます。

手数料を考えるとある程度まとめ買いしたほうがよいですが、有効期限内に使い切れないともったいないのでいくら購入するかは慎重に決めなければなりません。ただし、有効期限は購入してから1年ではなく、最後にチャージがあってから1年です。

1000円の買い物であれば、40円なので、そこまで大きな手数料ではありませんが、10000円だと400円、100000円だと4000円と高額な買い物をする場合は4%は負担の大きい手数料となります。

Vプリカのメリットは、インターネット上やコンビニですぐに購入できることです。クレジットカードのように審査もなく、難しい手続きは必要ありません。ただし、購入するときには手数料がかかり、3カ月間利用しないと休眠カードとなって125円の維持費がかかるので注意が必要です。
手数料は200円程度で、ライフカードで支払いをすれば、常に200円オフで購入できるので、実質ほとんど手数料がかからずに買うことができます。手数料があるために購入を躊躇しているなら、ライフカードを利用し、手数料を安くして購入しましょう。

手数料が高く感じます。

Vプリカの手数料の2つ目は休眠カード維持費です。

今回は、Vプリカでかかる手数料についてまとめていきました。

つまり、手数料無料で購入できるため、こまめに購入してもロスはありません。またLife Card自体のポイントも貯まり、それをVプリカの購入にも充てられるため、さらにお得です。

Vプリカギフト3000円を購入し、まだ使わないので1年くらい保管しておいていざ使おうとしたら認証できなかった
未使用でも、1年で失効するとか信じられません。
3000円のものを3250円で売って休眠の手数料もとって1年以内につかいきらないとカード失効
その上、カード化する前のものも1年の期限とか
もうおそろしいので二度とつかいませんが子供や老人はこれを使うといっぱい損しそうだと思います。わざと複雑にし有効期限もいっぱいつけて、お金奪いまくり・・・おすすめしません。

5,000円を2回に分けて購入する1万円と、1回で1万円購入する場合では手数料が10円異なります。小さな金額ですが何度も繰り返すと大きくなるため、手数料を支払い購入方法ではまとめ買いがおすすめです。