未分類

バカラにはあらゆる必勝法とされているものが存在しています

バカラで使えるカードカウンティングとは?

バカラでは、通常6デッキ、または8デッキのカードが使われます。全てのカードはシャッフルして『シュー』と呼ばれるケースに入れられ、そこから一枚ずつ取り出して配られます。カウンティングとは、テーブルに出たカードを記録(もしくは記憶)して、シューにある残りのカードを予測するというもの。

バカラは『カジノの王様』と呼ばれており、特にアジア圏のカジノでもっとも人気のゲーム。テーブルに座りきれず、立ったまま後ろから手を伸ばして賭ける人もいるくらいなのです。

負けたら賭け金を倍にするマーチンゲール法や、勝った時に賭け金を倍にするパーレー法。これらはバカラのように2択のゲームではとても使いやすくなっています。

バカラにはあらゆる必勝法とされているものが存在しています。これらは数学的に証明されている物もあれば、体感的に勝っているから使っている人がいるというオカルト的なものもあります。結果的に勝っていれば必勝法といっても良いですが、いずれの方法であっても相性があるので自分で試してみないと法則で勝てるかどうかは判断がつきません。8の法則は、オカルト的な法の法則に当てはまります。8の法則は有名なものではなく、ネットで検索すると個人で編み出した人が勝てると言っている方法です。そのため、実際にバカラに有用かどうかは不明ですが、これを考えた人によると統計上は勝っているそうなので、試してみる価値はあるかもしれません。

バカラは本場のカジノとオンラインカジノでは異なります。日本にはまだカジノはありませんが、カジノ法案が成立したこともあるので近い将来、国内でもカジノでバカラを遊べるようになるでしょう。

実際にオンラインカジノ(ネットカジノ)で遊べるバカラを利用してカードカウンティングを実践していきます。

バカラのように「勝ち」「負け」の2択勝負であれば、マーチンゲール法が使えます。このマーチンゲール法は「理論上必ず勝てる賭け方」で、負けたらその分だけ倍ベットするという方法です。

自分が念じながら引くことで、欲しいカードになるかもしれない、という願掛けのようなものです。最初は、ゆっくりめくる意味ある?と思うかもしれません。バカラの楽しさは文章で読んでも理解しにくいものです。実際に絞りをやっている人の真似をしながら、自分で絞りをやっていくと、その面白さがわかるようになってきますよ。

エンパイアカジノでは、10種類のライブスタジオとテーブルゲームでバカラを楽しむことができます。全体のレートは1ドルから60,000ドルであり、本場のカジノと変わらないレートで遊べます。

バカラで使えるカードカウンティングとは?

パイザカジノでは14種類のライブカジノとテーブルゲームでバカラを遊べます。さらにパイザカジノのバカラはレートが1円から600万円なので、資金の少ない方から大きな金額を賭けて楽しみたい方にも対応しています。

バカラではA ~K までのトランプカードが使用されますが、この数字の数え方は少し特殊で、「A」のカードを「1」としてカウントし、「2」「3」「4」「5」「6」「7」「8」「9」の8枚のカードをそのままの数でカウントし、「10」「J」「Q」「K」の絵柄カードを含む4枚のカードは「0」もしくは「10」としてカウントします。数字ごとに使われたカードの枚数を細かく記録することで、厳密に使われたカードや使われていないカードをしっかりと把握することができますが、この方法は手間や時間がかかるため、後述の方法を利用することがおすすめです。

バカラでBanker (バンカー)が勝ちやすくなる条件は、” シューの中に「6」以上のカードが多く残っている場合 ”です。シューの中に「6」以上のカードが多く残っていればいるほど、Player はカードの合計数が「10」を超えることが多くなります。

「バカラで勝ちたい!勝率を上げるための攻略法ってあるの?」

勝敗の決め方としては、2~3枚あるカードの合計の下一桁が、9の範囲内で9に近いほうが勝ちというゲームになります。簡単なゲームなので実は初心者の人でも参加するのはまったく問題ないゲームになっています。バカラはこのようにほぼ半分の確率で勝負には勝つことができるので、引き際が難しいゲームと言えるでしょう。