未分類

バカラ必勝法

バカラ必勝法

バンカーとプレイヤーの勝率は五分五分だと言われていますが、実はバンカーのほうがわずかに勝率が高くなっています。これは数学的に証明されていることであり、バカラの必勝法としては鉄板です。そのため、どちらに賭けたらいいか悩んだ場合は、バンカーに賭けるようにしましょう。

バカラには、ある魅力があるのです。それは、ルールがとても簡単で、それほど複雑な戦略も存在しないということ。強いて戦略があるとすれば「どちらの手に、いくら賭けることができるか」でしょう。

ディーラーはバカラ特有のルールに従ってカードを配るだけなので、ディーラーの意思やスキルなどは勝敗にまったく関係ありません。

ただし、カードカウンティングはライブバカラでしか使えません。というのも、コンピューターを相手にするオンラインカジノでは、カードが毎回シャッフルされる仕組みとなっており、カウンティングを行っても意味がないからです。

そのため、カードカウンティングを活用する際には、オンラインカジノの中でもライブバカラを選択する必要があります。ライブカジノでは実際のディーラーを相手にしてプレイすることができるため、バカラの必勝法、カードカウンティングが有効となります。

この法則はとてもシンプルで、数字の8で勝った場合には連続して買った方にベットするというものです。また、8で勝ったという条件は、カードの10からキングまでに8が出て8になったときに連続してベットするという条件も付いています。それ以外の数字で足して8になった場合はこの法則を使うことはできないそうなので、試してみる場合には注意してみましょう。バカラは大体50パーセントの勝率となっているので、これは本当に効果があるかはわかりません。ただ、さほど難しい方法ではありませんし、資金配分を間違わなけれれば大幅な損失を被ることもないので、お試しで8の法則を使ってみるのも悪くないでしょう。効果があればゲン担ぎでもなんでも活用しておきたいところです。

タイに賭けた場合の倍率(8倍)が魅力的に見える事もあるかもしれませんが、基本的にバカラで儲けたいとお思いの場合は、タイにはベットしないことをお勧めします。

バカラをプレイするにあたり、よく出てくる用語は以下です。

これらの一連の作業は、ディーラーがルールに沿って全て行ってくれます。バカラをプレイする際に、カードを引くか引かないか、という選択は誰にもなく、ゲームはルールに沿って進み、勝敗が決まります。

バカラではタイ、つまり引き分けに対しても賭けることができます。しかし、タイが出た時のハウスエッジは14.4%であり、カジノゲームとしては非常に高い数値となっています。

通常、バカラでは終始ディーラーが進行役にあるため、3枚目のカードが配られる条件を把握しておく必要はありません。しかし、3枚目のカードが配られる条件を頭に入れておくことで、カードカウンティングの理解をより深めることができるのも確かです。バカラの必勝法をマスターしたいのであれば、覚えておいて損はないでしょう。

プントバンコ(プレイヤーとバンカーという意味)という名でも知られており、プレーヤーとバンカー、どちらが勝利するかを予想する、シンプルなルールですが、それでありながら、エレガントなカードゲームです。バカラという名は、イタリア語のbaccaraをフランス語綴りに置き換えたもので、絵札がカウントされるときのゼロを意味しています。そんなエレガントなゲーム・バカラの遊び方を早速みていきましょー!

正直これを覚えなくてもバカラはプレイできますが、より知識を持っていたほうがより楽しむことができます。難しくないのでぜひ覚えてしまってくださいね。

3枚目のカードを引くか引かないかのルールは、双方のカードの合計によります。覚えてしまえば何てことは無いのですが少しややこしいので、ディーラーにとってディールするのが一番難しいゲームがバカラです。ベットする方はこの3枚目カードのルールを知らなくても全く問題なくプレイできます。ただ、知っておくと万が一、新米ディーラーに間違いがあった際など指摘できますね。

でも、バカラは冒頭にも書いてある通り、『運 』のゲームになります。そこに複雑な計算があるわけでも特に算法に沿っているわけでもありません。