未分類

ポーカー 税金

ポーカー 税金

この間、Szerencsejatek Zrt社がハンガリーのギャンブル市場を独占していましたが、そのライセンスは2020年までとなっています。2009年にはオンラインポーカーが合法となり、2013年にはギャンブル法が改正され、11のカジノライセンスが付与されるようになりました。

さて現在も現役でポーカーを続けている木原さん、これまでの賞金総額はどれほどなのか気になりますよね!

カジノで儲かったお金は他の公営ギャンブル(競馬、競輪、など)と同様一時所得として扱われ、50万円までは非課税
それを超える部分は半分にして税金がかかる形となります。
ここで、元手がいくらなのか!?も疑問となりますがポーカーやルーレットなどそのゲーム毎というのは現実的ではないためその日のコイン購入額からその日のコイン換金額を控除したその日の儲け(勝ち分)に対し課税がされる形になることが考えられます。
なお・現状では入場料(6,000円)が取られる形のようですが、この入場料は儲かった利益から控除できるのか。
・夜通しカジノで遊ぶ人はどの時点をもって精算と考えるのか・プロのポーカーが毎日通ったら職業「ギャンブラー」として、馬券訴訟と同様に雑所得とみなされるのかなどなど、解消すべき問題はたくさん出てくることが予想されます。