未分類

マーチンゲール法のメリットは以下の2点です

マーチンゲール法のメリットは以下の2点です

仮に11ゲーム目で必ず勝てるのであれば、$2047だけ用意していればマーチンゲール法は毎回成功できますが、必ず勝てる保証はありません。勝率約1/2のゲームでも、11連敗どころか、20連敗することだってあり得ます。

このように、マーチンゲール法は連敗数に関係なく、1勝すれば、必ずスタートのベット額分だけの利益を獲得できます。

システムベットというのはマーチンゲール法のように規則性のあるベット方法のことです。システムベットを上手に活用できるプレイヤーは素人プレイヤーよりもボーナスの出金条件クリアの成功率が高くなるためか、利用規約に禁止行為として明記されていることがあります。

理論上、マーチンゲール法はいつか成功しますが、実際にはベットリミットの壁があるのです。ベットリミットがある以上、どんな大富豪でもマーチンゲール法を失敗する可能性はあります。

マーチンゲール法が向いているのは勝率約1/2、配当2倍の独立事象のゲームです。

ゲームの流れを読めていて、確実に1勝をとれる自信があるときは、マーチンゲール法の賭け倍数を増やす攻めの戦略をとるのもいいでしょう。

ただ、予想していたゲームの流れがいつも来るとは限らないので注意してください。 予想と違うゲームの流れのなかでマーチンゲール法をずるずる使うのは危険なので、ゲームの流れを読めていないとかんじたら、いったんゲームから離れましょう。

このようなカードの偏りによる勝率の誤差は、マーチンゲール法の失敗確率を上げる可能性があります。ブラックジャックやバカラでマーチンゲール法を絶対使ってはいけないということではありませんが、成功確率を重視するなら、なるべく独立事象のゲームで使用するようにしましょう。

また連敗数が少ないため、手持ち資金を大きなリスクにさらすことなく、マーチンゲール法を成功させることができています。

マーチンゲール法は、基本的にどこのカジノでも使用できます。もちろんオンラインカジノでも使用可能です。

その後、ヨーロッパの植民地政策に伴ってカジノ文化が広まるとともに、マーチンゲール法の名も世界中で知られるようになりました。

マーチンゲール法のメリットは以下の2点です。

マーチンゲール法のデメリットは以下の2点です。

例えば、ルーレットの赤黒賭けで赤に賭けると決めておき、黒が4回連続できてからマーチンゲール法を使用します。黒が4回連続できた場合、その後数ゲームのうちに赤がきます。黒が5回、6回と続いても、資金がなくなる前に赤がくればマーチンゲール法成功です。

続いて、マーチンゲール法を使用した際に全体の勝率が良い場合と勝率が悪い場合でどのような違いが出るかシミュレーションしてみます。