未分類

楽天競輪

楽天競輪

楽天スーパーポイントからDERUCAへ1ポイント→1円換算で移行できますが、期間限定ポイントとコンビニ購入できる楽天ポイントギフトカードは期間限定ポイントとなるため利用することができません。またDERUCAの注意点は、チャージ後の有効期限が180日で半年間と短めに設定されていることと、払い出し不可となっていることです。

そして、楽天ペイはクレジットカードを登録して決済でき、クレジットカード付帯のポイント還元率が加算されるので、楽天カードを登録することでポイント還元率を高められます。

Kドリームスは楽天の100%子会社で、立川競輪場と京王閣競輪場の運営委託会社となる。Kドリームスのウェブサイトでも車券の購入額に応じて「楽天スーパーポイント」を貯めることができ、楽天スーパーポイント1ポイントを同社が運営する電子マネー「デルカ」1円分として交換することが可能だ(50ポイントから交換可能)。楽天は、今回の提携により、競輪場におけるネットとリアルの相互顧客獲得を狙う。

楽天スーパーポイントは基本還元率が1%と高いですが、そこに楽天カードと楽天市場を併用することから始まるスーパーポイントアッププログラムならば、条件を満たすことで還元率を急上昇させられるでしょう。

楽天カードを登録した楽天ペイの合計還元率は楽天ペイ還元率0.5%+楽天カード還元率1.0%→1.5%となり、年会費無料でこれほどの還元率を達成できるのは見逃せません。

楽天カードの楽天スーパーポイントは楽天市場と併用することでポイント還元率が急上昇するスーパーポイントアッププログラムというものがあり、これを利用することでポイント還元率が最大13倍まで上昇するという驚きの上昇率です。

PCやスマホなどで自宅・外出先からでも競輪投票をすることで、気軽に競輪を楽しむことができます。その競輪投票に利用できるのが電子マネーDERUCAであり、クレジットカードや電子マネーなどでチャージが可能でしたが、新たに楽天ポイントでチャージできるようになりました。

競輪を楽しむ以外にも日常的に使えますが、「楽天スーパーポイントで競輪をしたい!」とあれば、楽天スーパーポイントを上手に貯めていくのが良いでしょう。

今回の提携により、立川競輪場と京王閣競輪場で「楽天ポイントカード」や「楽天ポイントカードアプリ」を通じて、楽天グループの各種サービスで利用できる「楽天スーパーポイント」を来場ポイントとして貯めることができ、特別観覧席の購入時に同ポイントによる支払いが可能になる。また、貯まったポイントは、コンビニや百貨店、飲食店、ガソリンスタンドなど、加盟店舗のサービスで利用できる。

今ならばキャッシュレスサービスが普及していることから、スマホアプリの楽天ペイと楽天カードを併用することで、スマホを提示しての決済によってポイント還元率を1.5%にでき、ポイントを効率的に貯められます。

楽天は、ケイドリームス(Kドリームス)と、楽天が運営する共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」において提携したと発表した。2016年4月9日より立川競輪場(東京都立川市)、4月30日より京王閣競輪場(東京都調布市)にて「楽天ポイントカード」が利用可能だ。

DERUCAに楽天スーパーポイントが対応したため、楽天スーパーポイントを貯めることで競輪をよりスムーズに利用可能になるでしょう。そのためには楽天カードを発行して楽天スーパーポイントをより有効的に貯めるというのがおすすめです。

競輪投票に使える電子マネーDERUCAをどんどん利用したい方は、まずDERUCAとrakuten Kドリームスに登録後、楽天カードを発行して楽天スーパーポイントを貯めてチャージ、そしてKドリームスのロイヤルメンバーズに登録してエントリーしてからの投票が良いでしょう。

また、楽天スーパーポイントを貯めるのにおすすめなのが、楽天ペイの利用になります。楽天ペイは無料でインストールできるスマホ決済サービスで、対応店舗にて決済をすると還元率0.5%にて、楽天スーパーポイントを獲得できます。

楽天カードの引き落とし先口座を楽天銀行にし、楽天モバイルから楽天市場でカード決済するというだけでもポイント還元率が6%にもなります。この有効性は狙う価値十分でしょう。