未分類

ビットキャッシュを無料で入手する方法を私も色々と探してみました

ビットキャッシュを無料で入手する方法を私も色々と探してみました

ビットキャッシュは、コンビニやドラッグストアなどの店舗やオンラインで買うことができます。

電子マネーで唯一アマゾンギフト券が購入できるビットキャッシュではどのように購入するか検証していきます。

電子マネーのビットキャッシュでアマゾンギフト券を購入するためにはビットキャッシュの新規登録する必要があります。

ですので、ビットキャッシュと提携しているbitflyerで購入したビットコインをビットキャッシュに換えて、さまざまなオンラインサービスの決済に利用し、Amazonの支払いに利用したい場合にはAmazonギフト券に換えれば、ビットキャッシュもAmazonの支払いにも利用できてしまうのです。

各種コンビニでは、ビットキャッシュカードが販売されていて、1クレジット=1円で購入できます。

ビットキャッシュカードには5000円、10000円、20000円のカードと、1500円から50000円まで1円単位で希望の金額を設定できるカードがあります。購入したいカードを選んでレジに持っていき代金を支払うことで手に入ります。希望額を設定できるカードの場合は、レジで金額を伝えてその金額分支払いをします。

ビットキャッシュを直接Amazonの支払いに利用することはできません。ですが、マイビットキャッシュメンバーに登録すると、メンバーサイト内の「セレクトショップ」でamazonギフト券をビットキャッシュで購入することができます。ギフト券は500円、1000円、2000円、3000円、5000円、10000円があり、1クレジット=1円のレートで買えます。

ビットキャッシュを無料で入手する方法を私も色々と探してみました。

また、ビットキャッシュは家族であっても第三者に譲渡することは禁止されています。しかし、Amazonギフト券は“ギフト券”という名前の通り、人に譲渡することも可能です。なのでビットキャッシュを購入したものの使いきれない場合などには、Amazonギフト券に換えて譲るのも手です。

ビットキャッシュは、プリペイド式の電子マネーで、オンラインゲーム・動画・音楽・電子書籍などの購入に使うことができます。

さらに、ビットキャッシュを使って、あしなが育英会や日本ユニセフへの寄付もできます。

オンラインゲームの課金や、音楽や画像、動画の購入、ネットショッピングにもビットキャッシュは利用でき、Amazonギフト券やニンテンドープリペイドカードなどのギフト券やプリペイドカードにも換えることができます。

ビットコインは、デジタル通貨といえどまだまだ支払いに使える場面は少ないです。ですが、ビットキャッシュを利用すれば、ビットコインでの支払いの幅を広げることができます。