未分類

和歌山競輪予想

和歌山競輪予想

和歌山競輪場で予想をしているけれど「当たらない」と悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

各競輪場は、ひとつとして同じ作りのバンクがなく、和歌山競輪場も例外ではありません。そして、和歌山競輪場の特徴をしっかりと理解することで、競輪予想の的中率アップにもつながることでしょう。

また、和歌山競輪場は位置する場所が関係して、風の影響を受けやすいのも特徴でしょう。実は和歌山競輪場のうら側には、川が流れ、さらに河口も近いことが関係して強めの海風が吹き込むことが多くあります。

今回は高松宮記念杯競輪が行われる和歌山競輪場の特徴をご紹介しました。

また、車でお越しの場合は阪和自動車道「和歌山北IC」から15分ほどで到着します。

全国各地、さまざまな場所にある競輪場。そのなかの和歌山競輪場にはどのような特徴があるのかご存じでしょうか?

また、和歌山競輪場には「わかちゃん」の名前を使った「わかちゃんファンクラブ」があり、バックヤードツアー・バンク内でのレース観戦など貴重な体験もできます。

勝率の高い決まり手なども実際にデータとして現れているので、和歌山競輪場で予想する際には、そのデータを思い出して予想に挑んてみてください。

和歌山競輪場は平均的な400mバンクで特徴が少ない競輪場ですが、小さな特徴でもしっかりと理解して予想のファクターに取り入れるのが的中率アップへの鍵となります。

また、和歌山競輪場のバンクは「マッコ-ネル曲線」が採用されており、実際に走行する選手からは「走りやすい」とも高評価を受けているのです。

まずは、和歌山競輪場の基本的な特徴やバンクデータを把握しておきましょう。これらの情報が和歌山競輪場の予想に役立つこと間違いありません。

和歌山競輪場は「クセがない」とも言われている、競輪場のなかで最も数の多い400mバンクの競輪場です。しかし、400mバンクにしては見なし直線距離が59.9mもあり、長めな特徴を持っています。

そして、和歌山競輪場のバンクデータは以下のとおりです。

1949年の開場以来、実に開場72年目にして初のG1開催となる和歌山競輪場。

和歌山競輪場は和歌山県の市内に位置しており、「和歌山市駅」から徒歩8分で到着します。駅から近いこともあってシャトルバスなどは運行していないので、注意してください。