未分類

これがバカラの必勝法です

これがバカラの必勝法です

クリックだけでカードをカウンティングできる機能もあるので、カードデッキ数を検証することが出来、カジノ側にイカサマがないかを判断できるようになります。このカウンティング機能もバカラではとても重要な機能として心強いです。

『B-Focus(ビーフォーカス)』を使わない人より使う人のほうが断然「バカラに勝ちやすくなる」ことが断言できる理由がお判りになったかと思います。

一番勝ちやすい時に最大にベットする。これがバカラの必勝法です。

■ドラゴンボーナスバカラのハウスエッジは普通のバカラに比べると格段に悪いです。下の表は8デッキでプレイヤー、バンカーにドラゴンボーナスを賭けた場合の組み合わせ、確率、期待値 を表しています。

バカラではゲーム内で使われたカードはシューの中には戻されず、必ず破棄される仕組みとなっています。既に場に出されたカードさえ記録しておけばシューの中にあるこれから配られるカードを大まかに予測することができます。

バカラで勝つためにバカラの勝率を最大限にあげるために必要なデーターを詰め込んだバカラで勝率を上げるために最適なバカラゲームの予想アプリとして発売開始されました。

『B-Focus(ビーフォーカス)』というツールは、カジノに併せて動く、というツールではなく、あくまでもプレイ結果を簡単に集計していくツールなので、基本的にはどのカジノのどのバカラでもOKです。

ランドカジノやオンラインカジノでも大勢のVIPプレイヤーが頻繁にプレイするゲームがBaccarat(バカラ)になります。

以上の3点すべてがギャンブル中毒に見られる顕著なサインです。負けが悔しいのは当然のことですが、それでもバカラのようなゲームは運が関わるという事実から目を背けてはいけません。勝っているか負けているかに関わらず、初めに決めた時間が過ぎたり資金を使い果たしたりした時はサクっとやめて、次のプレイまで気分転換をして頭をすっきりさせましょう。勝っている時に、勝ち額の半分を負けたらやめる、といった決め方も賢い方法です。もし決めた分を負けたとしても勝ったままテーブルを去ることができるのですから。ギャンブルはあくまで娯楽です。資金管理はしっかりしながらゲーム自体と社交性を楽しみましょう。それが最高の戦略です。

バカラは、ジョーカーを抜いた52枚のトランプのカードを使用して行われます。そして、ゲームはいくつかのデッキを使用して進行します。バカラでは、ゲームごとに使用するデッキの数や使用するカードの枚数があらかじめ決められているのが特徴です。

他のテーブルゲームで使えるベッティングシステムはバカラでも使えます。ダランベール法といった単純なものからラブシェール法のような複雑なもの、さらにはパーレイ法やマーチンゲール法といった有名な倍プッシュのシステムまで多くのバカラプレイヤーが採り入れています。フィボナッチ法や1-3-2-6システムといったバカラのベッティングシステムについてさらに詳しく知りたい方は、当サイトに専用ページを設けているのでご覧ください。

『B-Focus(ビーフォーカス)』は、オンラインカジノのベット数十万シューターの結果を収集分析し、数千パターンの理論値プログラムを活用したまったく新しい形のバカラ予想アプリとしてリリースされオンラインカジノでバカラをプレイする多くのプレイヤーの方の勝率アップに貢献をしています。

このうち、テーブルゲームのバカラでカウンティングをしても勝率アップは期待できません。 テーブルゲームでは場に出たカードとシューに残っているカードの区別なく、全カードを1ラウンド終了ごとにシャッフルするからです。

オンラインカジノの場合は、バカラやブラックジャックは、カウンティングツールを用いて、感情や勘に頼らず機械的に賭けることで利益をあげる方法があります。

プレイヤー側で約2.6%、バンカー側でなんと約9.4%になります。これは、バンカーの条件のせいです。つまり普段のバカラではバンカー有利になりますが、ドラゴンボーナスバカラではバンカーは不利になります。その分、配当が高い時に偏る時もあるので点差が大きく開く展開になればドラゴンボーナスをする価値もあります。基本バンカーのハウスエッジが高いのでバンカーに張る時は注意した方がよいでしょう。