未分類

しかし バカラではゲームによって配られるカードは当然異なります

こうしたバカラの基本ルールから プレイヤーが勝利しやすいのです

バカラのカウンティング作業は非常に単純で、「A(1)」~「K(0)」までの各カードがそれぞれいくつ使用されたかを記録します。記録する数値はトランプカードに書かれている数字ではなくバカラ上で扱われる数をカウントしましょう。

私が今回プレイしたEvolution Gaming社のバカラでは、実は正確なカウンティングを行うことは困難です。

オンラインカジノのバカラをするのに最も優秀なオンランカジノを、バカラエージェントが発表します!

バカラのゲームは、ジョーカーのカードを除いた52枚のトランプカードを1デッキとし、いくつかのデッキを使用してゲームが行われます。ゲームごとに使われるデッキ数が決まっており、使用される各カードの枚数も決まっています。しかし、バカラではゲームによって配られるカードは当然異なります。

バカラ投資やバカラスクール、バカラロジックなど、いろいろな有料情報がありますが、実際に効果的な方法はカードカウンティングだけだと思います。

ちなみに半年で1万円を4000万円に増やしたというバカラの有料情報を購入したことがあります。

バカラのゲームでは、最初に配られた2枚のカードが「2・2」や「Q・Q」などの同じカードであることをPair (ペア)と言います。Pair の賭け方には、Player (プレイヤー)に配られた2枚のカードがPair になると予想する「Player Pair (プレイヤーペア)」と、Banker (バンカー)に配られた2枚のカードがPair になると予想する「Banker Pair (バンカーペア)」、Player とBanker ともにPair と予想する「イーザーペア」などの賭け方があります。バカラは一般的にはPlayer もしくはBanker の勝利を予想してチップを賭けますが、シューの中に一部の数のカードのみが極端に残っている場合はPair 系の賭け方が勝ちやすくなります。

その偏りを利用して勝敗予測をしていくのがバカラのカードカウンティングです。

この攻略法はバカラの初心者でもかんたんに利用できるので、おすすめです。もちろん、この方法を使えば、確実に勝てるというわけではありません。

こうしたバカラの基本ルールから、プレイヤーが勝利しやすいのです。

バカラでもブラックジャックでも、ランドカジノではカードカウンティングは禁止されています。

これからバカラを始めようと考えている人にとって、「バカラは勝てるゲームなのか?」に関心がある人は多いことでしょう。

実際にオンラインカジノ(ネットカジノ)で遊べるバカラを利用してカードカウンティングを実践していきます。

オンラインカジノ(ネットカジノ)には、コンピューター相手に一人で楽しめるカジノゲームや、世界中の方と一緒にゲームが楽しめる「ライブカジノ」があります。オンラインカジノのバカラでカードカウンティングを行う際は、必ずライブカジノで実践しましょう。コンピューター相手に楽しむ一般のバカラでは、毎回カードがシャッフルされる仕組みとなっているため、カウンティングを行っていても意味がありません。バカラでカウンティング法を使用する際は必ずライブバカラを選択しましょう。

バカラではA ~K までのトランプカードが使用されますが、この数字の数え方は少し特殊で、「A」のカードを「1」としてカウントし、「2」「3」「4」「5」「6」「7」「8」「9」の8枚のカードをそのままの数でカウントし、「10」「J」「Q」「K」の絵柄カードを含む4枚のカードは「0」もしくは「10」としてカウントします。数字ごとに使われたカードの枚数を細かく記録することで、厳密に使われたカードや使われていないカードをしっかりと把握することができますが、この方法は手間や時間がかかるため、後述の方法を利用することがおすすめです。