未分類

バカラの罫線にはいろいろ種類があります

他のゲームでは守れてもバカラだけは本当に難しいです

ライトニングバカラ?

ライントニングカードは最高5枚決定されて、例えばナチュラル2枚のカードが2枚ともライトニングカードなら乗算される仕様。 良い所ばかりに見えるライトニングバカラだが、通常ベットに対して20%さらにとられる($100ベットなら$120がトータルベット)ので結構きつい。 ライトニングカードで当たらないと勝敗が1/2でも普通に結構負けてしまうが、逆も叱りで一発で取り戻せてしまう射幸心を煽るバカラだと言えるだろう。

他のゲームでは守れてもバカラだけは本当に難しいです。 なんど守れなかったか…。 こちらも抽象論ですが、調子の良い時は本当に勝てますし調子悪いときは駄目駄目な日が多いです。 リアルならともかくオンラインカジノならいつでも出来るので日を改めるのも一つの手ではないでしょうか?

バカラゲームでのプレイヤーとバンカーが連続して勝ち続ける回数の確率があります。

プレイヤーかバンカーに賭けて後は祈るだけのバカラ、一見これほど単純なゲームはないように見えます。それでも、もう少し掘り下げてみると経験と迷信が行き交う奥の深いゲームだということがわかります。過去の結果から次の予測をする者もいればベッティングシステムを駆使する者もいて、迷信からくるほとんど儀式のようなものと数学的理論が共存する興味深いゲームなのです。この章では基本ルールと3枚目のカードを引くための条件、罫線の使い方を解説していきますが、まずはカードの値と手の強さを見ていきましょう。

バカラの罫線(出目表)はあくまでも結果論にすぎないものなのですがこれがバカラの最大の魅力だと思います。 確率1/2ゲームなのにもかかわらず、予想外の罫線になることが非常に面白いところです。 バカラがつまらないという方のほとんどがこの罫線を意識しないでベットしてる方だと思いますが、この罫線を予想することでもっと楽しめるでしょう。

バカラゲームは、次に勝つのは「プレイヤー」「バンカー」「引き分け」のどれかに賭ける単純なゲームルールです。

バカラの罫線にはいろいろ種類があります。

そもそも「バカラ」には「0」や「何もない」という意味があります。バカラゲームでは10、ジャック、クイーン、キングの札はいずれも0としてカウントされるので、この名称にも納得です。エースは1で、2~9のカードは数字通りの値としてカウントされます。一番強い値は9で、9を超えると合計から10を引いた値での勝負となります。例えば、カードが4-9-5の順番で出ると8という手ができることになります。10(または絵札)が2枚だと0です。2枚で8か9ができるとナチュラルと呼ばれます。

ゲーム前には今日は落ち着いていくぞ! なんて意気込んでいてもいざ始まってしまうと歯止めが利かなくなってしまうのがバカラだと思います。ブラックジャックやルーレットよりも大負けの可能性がなぜか高いんですよね。 ただトランプを絞るだけの勝負だけにもかかわらずメンタル勝負みたいなもんではないでしょうか?

バカラ罫線への記入順序は、罫線の動きを知る上で基本的なことであり、基本的な動きが分かってくると次の動きの予測の目安を立てやすいです。

タイ(引き分け)ももちろん対象。 ということはプレイヤー側、バンカー側ともにライトニングカードがあった場合(バカラゲームは最高6枚引く)の倍率は相当なもの。 理論上の最高倍率は26,2144倍らしい。

このページでは、バカラゲームの罫線(ケイセン)についてご案内します。

特にビットカジノの低レートベットで高額賞金が狙える目玉プロモ、バカラ・ブラックジャック連勝王は自己流よりもうまく罫線を意識・活用した方が良いと思います。

バンカー側にも2枚のカードが配られ、合計が7、8、9の場合は3枚目を引きません。0~6になった場合はプレイヤーの3枚目のカードが何かによる「条件」に基づいてバンカーに3枚目が配られるかどうかが決まります。これら条件は事前に決まっているものなので客側に選択権はなく、すべてディーラーが自動的にやってくれるので暗記しておく必要はありません。それでも覚えておけばバカラをより一層楽しめるので、当サイトでは「バカラの条件一覧表」のダウンロード版も用意しています。後からカードを引くバンカーはプレイヤーよりわずかに有利なので、勝率もプレイヤーよりわずかながら高くなります。バンカーのハウスエッジも1.06%と低いのですが、代わりに払戻金からは5%のコミッションが引かれます。