未分類

なお ビットキャッシュに有効期限はありません

ビットキャッシュは原則として払い戻しや再発行はできません

ビットキャッシュのIDは、決済時に利用できるのは1つだけです。そのため、購入金額によっては残高が不足することも考えられます。そこで便利なのが残高引継ぎです。2つのビットキャッシュを1つのビットキャッシュIDに残高を引き継ぐことができるため、使いきれなかった半端なクレジットが残ることがありません。

ビットキャッシュには、カードタイプ、シートタイプ、デジタルコードの3種類があります。金額設定は販売場所によって異なります。

ビットキャッシュはインターネット上の決済に利用できるネットワーク型電子マネー「BitCash」の発行とシステムの提供を行っています。会社の設立は1997年で、国内企業としては初めて電子マネーのビジネスを開始しました。BitCashは「ひらがな16文字」の組み合わせを金銭的な価値と紐づけて提供しており、その16文字を加盟店のWebサイトで入力することにより決済が可能になります。購入はコンビニエンスストアのほか、ゆうちょ銀行、オンラインなど多彩な方法で行うことができます。

ビットキャッシュはひらがなのIDで使用しますが、トラブルがあった場合などの問い合わせ時には、IDと一緒に記載されている16桁の管理番号が必要になります。万が一、トラブルがあったときのために、管理番号を控えておけば安心です。

ビットキャッシュの購入時の決済方法は基本的には現金ですが、オンラインの場合ではクレジットカードによる決済や銀行振込にも対応しています。

送金アプリ「pring(プリン)」(東京都港区、代表取締役社長: 荻原 充彦)は、プリン残高を他の電子マネーにチャージする「電子マネー交換サービス」を開始しました。第一弾として、ビットキャッシュ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:松浦 光太郎)が提供するプリペイド式電子マネー「ビットキャッシュ」へ6月4日よりチャージが可能となりました。これにより、24時間いつでもどこからでもプリンアプリからビットキャッシュへチャージすることができます。
【pring電子マネー交換サービスとは】
これまでプリンの残高は、銀行口座またはセブン銀行ATMへの出金・個人間送金・決済にて利用されてきましたが、今回、プリン残高を他の電子マネーにチャージをすることが可能となりました。今後もプリン残高からチャージできる電子マネーの種類を拡大させ、ユーザー様のさらなる利便性向上を目指します。

残高引継には会員登録などの必要はなく、ビットキャッシュのホームページ上でIDを入力することで手続きが可能です。
また、残高の確認をする際は、ビットキャッシュのホームページで残高照会をして確認をしましょう。

【ビットキャッシュへのチャージについて】
ビットキャッシュへのチャージ方法は、チャージ額の記載されたプリペイドカードを全国のコンビニ・スーパー・薬局などのビットキャッシュ販売店で購入してチャージする、もしくは、クレジットカードや、オンラインバンクなどからチャージするという方式でした。今回プリンからのチャージを導入することで、ユーザー様は販売店に足を運んだり、オンライン上でクレジットカード情報を入力することなく、24時間365日安心・安全にプリンアプリからビットキャッシュへのチャージが可能となります。

ビットキャッシュは原則として払い戻しや再発行はできません。また、使用にあたっては次のような注意事項があります。

ビットキャッシュは、コンビニエンスストアや量販店、オンライン上で購入することができます。

ビットキャッシュを利用するには、加盟店サイトの決済ページでビットキャッシュを選択し、ひらがなのIDを入力します。

「ちょコムショップ」でオンラインで購入することができます。また、マイビットキャッシュへのダイレクトチャージの手続きもオンラインから行えます。ダイレクトチャージでオンラインバンキングやクレジットカードを利用した場合、家にいながらビットキャッシュを購入できるという点がメリットです。

なお、ビットキャッシュに有効期限はありません。ただし、利用場所が限定されているもののみ期限が設定されている場合もあります。

クレジットカードからビットキャッシュへダイレクトチャージを行う場合、初回カード決済時からの日数でチャージ額に制限があります。初回から30日、31~60日、61~90日のそれぞれの段階で50,000円までのチャージとなりますので注意しましょう。91日以降は制限はなくなります。

ビットキャッシュのクレジットの上限は200,000クレジットです。超える金額を購入したり、まとめたりすることはできません。