未分類

今後もエコペイズにて 新たな動きがあれば随時報告していきます

今後もエコペイズにて 新たな動きがあれば随時報告していきます

エコペイズ・アイウォレット等の決済サービスは、どれもオンライン上の財布の役割を持っており、日本円はもちろん、オンラインカジノでしばしば利用されるアメリカ合衆国ドルやユーロなど、1つのアカウントで様々な種類の通貨を保有・受取・送付できる機能があります。

今後もエコペイズにて、新たな動きがあれば随時報告していきます。

ecoPayz(エコペイズ)の公式サイトを開いたら、画面中央の【無料アカウントを開設】から登録を開始します。

オンラインカジノ業界としても、エコペイズの高速ローカル出金の登場により、出金手段にバリエーションを持たせることができるので、ひと安心ではないでしょうか。

2019年現在、ecoPayz(エコペイズ)はほとんどのオンラインカジノで入出金手段として利用することができます。そのため、カジノへの入出金に加えてカジノ間での資金移動にも便利な決済方法となり、入出金にかかる手数料を削減することにも繋がります。

しかし!先日エコペイズから『高速ローカル出金』なるものが登場し注目を集めています。

あわせて読みたい関連記事エコバウチャーを使えばエコペイズへのクレカ入金が復活!最大の難点は?

の3通りとなっていますが、エコペイズはギャンブル目的でのクレジットカード入金が出来ません。

オンラインカジノでの利便性、国際送金との違い、手数料、着金スピードなど様々な視点からエコペイズの『高速ローカル出金』をわかり易くまとめてみました。

ベラジョンカジノ(Vera&John)から出金する場合の出金時間(出金スピード)は・銀行送金(銀行出金) 2-4営業日
・VenusPoint(ビーナスポイント) 2時間17分
・ecopayz(エコペイズ) 4時間8分
・iWallet 数時間程度(未計測)
・仮想通貨(ビットコイン(bitcoin))2時間48分
となりました。
ベラジョンカジノ(VeraJohn)から出金する場合、銀行送金(銀行出金)は電子決済サービスの口座を持っていなくても出金できるので便利ですが、出金時間(出金スピード)が遅いのがデメリットですね。
一方ビーナスポイント(VenusPoint)やエコペイズ(ecopays)やiWallet(アイウォレット)のような電子決済サービスは、事前の口座開設が手間がかかるのですが、出金時間(出金スピード)が数時間と早いのがメリットです。

エコペイズの高速ローカル出金は、「”エコペイズが日本国内に保有する、エコペイズの日本国内口座(三井住友銀行)”から”自分の国内口座”へ送金する方法」です。

1社に絞って資金管理するのも良いですが、複数のペイメントを持つのも有りですし、「ecoPayz(エコペイズ)」をメインにして、またエコペイズにとって代われる様なサービスが出たら、追加を検討するというのも良いでしょう。 現在の有望株は、「sticpay(スティックペイ)」なので、とりあえずは、登録してカード発行だけでも行っておけば、後々、プレイの助けとなるでしょう。

以上からエコペイズへの入金は、指定された日本国内の銀行口座へ振り込んで入金する『ローカル入金』がメインとなってきます。

2016年8月に起きた業界で10年以上もメイン決済ツールとして利用され続けていたネッテラーの撤退は、本当に大きな出来事でしたが、今回の各社の対応から、まだまだ「眠っている決済方法」が世界には沢山あるという事がわかりました。 もし今後エコペイズに何かあったとしても、チャンスに乗じて、日本人向けマーケットに参入する企業が必ず現れてくるでしょうし、何より異国の通貨が沢山集まってしまうカジノ業界に「仮想通貨」がもっと入ってくるのは間違いないでしょう。

入金・出金にエコペイズを利用することで、資金管理がしやすくなるばかりか都度の手数料削減にも繋がります。