未分類

PayPalでは主要なクレジットカードに対応しています

海外ではPayPalは主要な決済手段のひとつになっています

海外通販サイトを利用して商品をPayPalで購入した場合、通貨換算手数料が発生します。通貨換算の手数料は日本円の4%で為替レートに加算され、為替レートは定期的に調整されるので金額が変動します。

PayPalには、買い手保護制度というものがあります。
買い手保護制度とは、PayPalで購入した商品やサービスに問題があった場合、一定の条件で補償をしてくれるサービスです。
PayPalで商品を購入し代金を支払ったのに、商品やサービスが届かない時や、届いた商品やサービスが説明されていたものと著しく異なっていた時に、買い手保護制度を使うことができます。
買い手保護制度を利用する際は、PayPalにログイン後、「最近の取引」から問題の取引を選択し、取引詳細から「問題を報告」ボタンを押して手続きをします。
通販サイトでお買い物をしてみたいけど、通販サイトが信頼できなさそうで不安、という方も、PayPalなら安心してお買い物が楽しめます。

PayPal(ペイパル)の登録方法について解説します。
PayPalは、アカウントを開設後、クレジットカードや銀行口座などを紐づけて使います。

決済をする場合、どんなクレジットカードが登録できるのでしょうか。PayPalでは主要なクレジットカードに対応しています。VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club、Discover、Union Payです。

この記事では、PayPal(ペイパル)について解説しました。

ビジネスアカウントでは、PayPalの全機能が使えます。10万円以上の買い物も出来ますし、支払いだけでなく受け取りも可能で、利便性で言えばビジネスアカウント一択と言って良いでしょう。

» 【裏技】PayPalで後払い決済を使う方法!クレカなしでもOK!

PayPalアカウントの種類は3つあります。パーソナルアカウントは本人確認の必要がないアカウントで、決済利用が可能です。次に、支払いだけでなく、支払いの受け取りもしたい人向けのプレミアアカウントがあります。個人でビジネスをしたい人はこちらのアカウントがおすすめです。 最後に、法人や個人事業主が利用するためのビジネスアカウントもあります。商品を販売するネットビジネスに利用することはもちろん、お金を海外にかんたんに送金できます。したがってスモールビジネスとの親和性があります。

PayPalでお支払いする前に、アカウントとお支払い情報を紐づけておく必要があります。
PayPalには、クレジットカードと銀行口座を登録することができます。

しかし海外通販サイトでクレジットカード決済を利用する際には注意点も多いです。海外通販サイトを安心して利用するためには、PayPalやクレジットカード会社が発行するバーチャルカードの利用も検討しましょう。

新規登録画面では、One Touch™(ワンタッチ)を有効にするか聞かれます。
ワンタッチとは、通販サイトなどでお支払いをする時に、2回目以降からログインをスキップできる機能です。
お買い物の度にPayPalにログインしなくて済むので、スピーディーにお支払いを済ませることができます。
もちろん、後から設定画面でワンタッチのオンオフを切り替えることができます。

PayPalではクレジットカードを登録しない場合でも、決済が可能です。銀行口座を登録しれば、引き落としができます。対応している銀行は、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行です。

PayPalには、法人向けのビジネスアカウントとパーソナル(個人)アカウントの2つがあります。
今回は、個人でお買い物をする方向けに、パーソナル(個人)アカウントで登録する方法について解説します。

決済代行・送金サービスPayPal(ペイパル)の使い方について解説します。

海外ではPayPalは主要な決済手段のひとつになっています。Google playで合計779,745件ダウンロードされ、899,862のレビューで高評価をうけています(2019年4月6日現在)。なぜPayPalは海外では人気なのでしょうか。それは、スマホからでもかんたんに支払いができるため、越境ECや海外通販を利用しやすくなっているからです。ひとつひとつの取引のために銀行口座にわざわざ登録して送金したり、手数料を考えたりといった手間がなくなります。アプリをダウンロードすれば、スマホひとつでほしいものをかんたんに手に入れられるメリットがあります。買い物がよりスピーディーになるのも魅力でしょう。