未分類

paypal 銀行口座 登録しない

paypal 銀行口座 登録しない

生年月日
職業
開設理由を入力して銀行ウェブサイトに移動します。

銀行口座からの支払いもIDとパスワードの入力のみで完了するので、コンバージョン率のアップが期待できる。

ただし、銀行口座振替の登録は、法人の方はできません。
また、ペイパル指定の口座も必須になります。

決済が行われる都度、PayPal社から手数料を差し引いた金額が事業者様のPayPal口座へ直接入金されます。入金されたお金を事業者様の登録銀行口座へ引き出す場合はPayPal社が提供するマイアカウント画面から手続きを行う必要があり、その際50,000円未満の引き出しには1回につき250円の手数料が発生します。

これで、ビジネスアカウントの登録は完了です。

▼ PayPal決済とは PayPalは、世界で2億5000万人以上のユーザーが利用し、1800万以上のビジネスで導入されている、便利で安全な決済サービスです。
買い手は、ペイパルアカウントを開設しクレジットカードや銀行口座を登録して、IDとパスワードで決済します。ペイパルが買い手と売り手の間にたって決済を行いますので、買い手はカードや銀行口座の情報を伝えずに安全に決済ができ、売り手は支払い情報の管理の手間がありません。

ペイパルのユーザーは事業者にクレジットカード番号などの決済情報を伝える必要がありません。一方、事業者側はクレジットカード決済や銀行決済をスムーズに導入できるメリットがあります。物販やデジタルコンテンツ販売のECサイトはもちろん、予約や事前決済が必要なホテルや飲食店といった業態でも活用することが可能です。

Paypal(ペイパル)とは、ペイパル社が事業者と消費者の間に入ることで、オンライン上でデビットカードやクレジットカードでの決済、銀行決済を安全に行うことができるサービスです。

これでカードの登録が完了しました。

また、クレジットカードだけでなく銀行決済にも対応しており、口座情報だけ入力しておけばスムーズに決済できることもメリットです。EC決済で圧倒的に比率が高いのはクレジットカード決済ですが、EC利用率の高い若年層にはクレジットカードを持っていない人も多く、幅広い顧客を取り込みやすくなります。

次の画面になったら、赤丸の「銀行口座の登録」をクリックします。

ベリトランスならペイパル決済だけでなく、クレジットカード決済をはじめとする日本国内向けの豊富な決済手段に加えて、海外顧客からのニーズの高い「銀聯ネット決済」 や「Alipay国際決済」なども一括導入可能。事業者様の海外展開やインバウンド対応を強力にサポートします。

通知が来ていない場合は、アカウント設定→財務情報→登録してカードの編集をクリックすると
下の画面になります。

銀行口座の口座振替設定をすると、支払いと受け取りができます。

売り手はPayPalアカウントを開設するだけで、各種クレジットカードからの支払いも銀行口座からの支払いも一括して受け取ることができる。