未分類

PSI-Payはエコペイズの元会社です

PSI-Payはエコペイズの元会社です

日本でのクレジットカードでの入金が不可となっている現在では、特にそのような制限は設けられていないため、カジノの入金と出金をエコペイズで行うことは可能となっています。

エコペイズ(EcoPayz)の無料アカウントは、数分で簡単に開設することができます。ここで口座開設の流れを解りやすく解説します。

基本的に、口座の登録や口座維持手数料が無料である点などは同じですが、エコペイズはアイウォレットと比較してみると、銀行口座からの入金が高いですが、出金は安いなど、手数料に違いがありました。

ウェブサイトの使用感は、iWalletよりもエコペイズの方が、利用規約や手数料などの情報を細かくわかりやすく記載しており、情報に透明性があり、より信頼できるという印象を受けます。しかし、個人間送金手数料など差があるため、用途に合わせて自分に合ったサービスを選ぶのがベストでしょう。

ecoPayz(エコペイズ)の管理画面には「Wire Pay」と「Panda Pay」という、2つの入金オプションが用意されています。このどちらかを選択すれば、銀行振込入金できます。

エコペイズの出金が銀行口座への振込が主流となってから、税金を払うことになるのかという質問の書き込みがよく見られます。銀行口座への入金情報が記録されることを考慮しなければいけないようです。ちなみにエコペイズの口座を閉鎖しても、利用規約によるとアカウントの情報は最低5年間保存されます。

エコバウチャーは、エコペイズへの入金に利用できるプリペイドカードのことで、クレジットカードで購入することができます。エコバウチャーは、直接公式サイトで購入するのではなく、Offgamersなどといったリセラーサイトから購入します。

三井住友SMBCダイレクトは、被仕向送金手数料が一律1,500円かかります。ecoPayz(エコペイズ)から円で送り、円で受け取った場合は円為替取扱手数料として送金額の1/20(0.05%・最低2,500円)がかかるので、円には替えずユーロのまま送金して円で受け取りましょう。

利用条件同意して、「アカウントの作成」をクリックします。 PSI-Payはエコペイズの元会社です。

エコペイズはエコカード(ecoCard)と呼ばれる独自のカードを利用した出金方法を提供していましたが、残念ながら2018年8月にこのサービスを停止しています。

エコペイズのログイン画面がポップアップ画面として表示されるので、ログインして内容を確定すれば入金完了です。

面倒ですが、毎回エコペイズ側の指定口座を確認するようにしてください。銀行口座で振込先記録していると、間違いの原因になるので避けましょう。

この記事では、銀行振込でecoPayz(エコペイズ)に入金するための基本情報や手順を詳しく解説しています。

エコペイズへの入金手段は、三井住友銀行のエコペイズ口座へ銀行振り込みをするか、仮想通貨による入金になります。

エコペイズのローカル銀行入金、5分で入金済みかよw(UFJから)入金する必要が無いのが一番いいが、この速さならクレカが使えなくなった不便さはなくなったな。