未分類

そのお悩み ビットキャッシュが解決します!

そのお悩み ビットキャッシュが解決します!

カードタイプとシートタイプの他にもネットカフェで購入できる「PayNetCafe」でもビットキャッシュの取り扱いがあります。

一方、非接触ICカード型以外の電子マネーでも携帯電話への対応が進んでいる(表1[拡大表示])。例えばスクラッチ・カード型の電子マネー「BitCash」を提供するビットキャッシュは9月、以前から対応していたNTTドコモのiモード端末に加え、KDDIやボーダフォンの携帯電話からも利用できるようにした。「セキュリティを確保できるSSL対応機種が増えるにつれ、ニーズが高まってきたためだ」(林 兼市社長)。

ビットキャッシュはコンビニやドラッグストア、スーパーなどで購入することができます。

この他にもビットキャッシュ決済に関する様々な情報を掲載していますので、お気軽にダウンロードください。

ビットキャッシュもウェブマネーと同じく、「Amazonギフト券」「iTunesカード」「Google Playギフトカード」などの使用できる場所が限られる電子マネーとは違い、様々な場所での決済に利用することができます。

そのお悩み、ビットキャッシュが解決します!

ビットキャッシュはビットキャッシュ株式会社が発行している電子マネーです。ネット決済専用となっており、音楽や動画、ゲームなどのコンテンツをダウンロードする時に利用することができます。

「ビットキャッシュ」は全国のコンビニなどの販売店でご購入いただける、プリペイド式のサーバー型電子マネーです。創業以来、オンラインゲーム・電子書籍・動画・音楽・コミュニティサイトなどの幅広いジャンルのWebサービスにおいてクレジットカードやキャリア決済以外の選択肢として、多くのユーザー様にご利用いただいております。

ビットキャッシュの特徴としては、他の電子マネーとは違って利用する際のコードが「ひらがな」のため簡単に入力することができ、安全性が高いというのが特徴です。残高がなくなるまで使うことができ、有効期限もありませんが利用場所が決められているタイプに関しては期限が設定されていることもあるため注意しましょう。

そこで考えられるのが、電子マネー同士の“両替”。まだ具体的なサービスは登場していないが、取り組みは始まっている。ビットキャッシュの林社長は、「Edyを提供するビットワレットとは議論を進めていて、すでにBitCashからEdyへの両替は、技術的には可能な状態」という(図2[拡大表示])。「ビットワレットから技術情報の提供を受け、EdyからBitCashへの両替を実現できれば、すぐにでもサービスとして提供する方針」である。