未分類

RAY9 利益

RAY9 利益

銀行には所得税が発生する可能性がある多額の入出金があった場合、税務署へ報告する義務があるそうです。オンラインカジノでは、ジャックポットなどで大きな利益を手にする可能性もありますが、その利益を一度に送金してしまうと、自動的に税務署へ連絡が行く事になります。

2. 前項各号のいずれかの事由に該当した場合、登録ユーザーは、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。

ここまで完了すれば
これからあなたがやることは・日々のANTのチェック・バーストしたANTの報告・利益分のFGCのアカウント間移動依頼
だけです。

オンラインカジノで見ると、ギャンブルではベットする額が必要な経費、勝利した場合の利益が収入と考える事ができますね。ここでは気になるのは損失が出た場合ではないでしょうか? カジノゲームで勝つ事もあれば、負ける事もあり、利益と損失を合算した金額を収入として考えてしまいがちですが、上述した説明では収入を得た場合に課税されるとしています。そのため、損失が出た部分は考慮されないのです。

2. 退会にあたり、当社に対して負っている債務が有る場合は、登録ユーザーは、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。

また、一時所得の場合、最高50万円の特別控除額が発生するため、オンラインカジノで1年間に50万円未満の利益の場合、所得税が発生しない事になりますので、覚えておきましょう。

この事例で利益を得た当人は損益を全て考慮した約1億4000万円が課税対象であるという主張に対して、国税局は約29億円が課税対象と主張しました。この点が主な争点になっています。

納税は国民の三大義務にあたりますので、オンラインカジノで得た利益に対して、所得税が課せられれば、納付する義務が発生します。当然、所得税を納めなければ脱税となってしまいます。申告漏れなどによる追徴課税を課せられるだけならまだしも、悪質な脱税と判断されれば、刑事告発される事もありえますよ!

オンラインカジノで得た利益は、「所得税法」で10種類に分類される所得の中でも一時所得、もしくは雑所得に当たると言われています。分類された所得には、それぞれに控除額や課税対象となる所得の計算など、ルールが定められています。

また、会社に勤めている方は月々の支払いや源泉徴収などで給与に課税される所得税を天引きという形で納付していますが、オンラインカジノを含め、非課税所得以外のギャンブルで利益を得た場合には自ら確定申告をしなければなりません。

3. 何らかの理由により当社が責任を負う場合であっても、当社は、ユーザー損害につき、過去12ヶ月間に登録ユーザーが当社に支払った対価の金額を超えて賠償する責任を負わないものとし、また、付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害及び逸失利益にかかる損害については、賠償する責任を負わないものとします。

競馬やパチスロなどのギャンブルで得た利益などは非課税所得の定めがないため、課税の対象となり、当然、オンラインカジノの法律自体がない事から同様に課税対象という事に繋がります。ですのでまとめるとオンラインカジノは所得税を納付しなければならないのです。

一般的にはオンラインカジノをはじめ、ギャンブルで得た利益から計算された所得は一時所得として、確定申告する事が多いようです。その理由も合わせて解説していきましょう。

1年間の勝ち負けを合算するのではなく、その都度、利益を得た場合のみを対象として所得税が課せられるという事になるのです。詳しい計算は次項で説明します!

但し、これは所得税の納付義務がなくなるというわけではありません。送金を小分けにした所で、1年間の利益が50万円を超えた時点で所得税が発生しますので、確実に確定申告を行いましょう。