未分類

以上のステップでiWalletにアカウント登録ができます

iWalletで出金を行う場合 2種類の選択方法があります

iWalletで出金を行う場合、2種類の選択方法があります。
まずは、プリペイドカードを利用しての出金方法です。プリペイドカードを利用して出金を行う場合、プリペイドカードの発行手続きを行なう必要があります。
プリペイドカードの発行手続きはMyiWalletから行なう事が可能です。
発行までには手続きの開始から1ヶ月ほどかかってしまうので、「すぐに出金を行ないたい」という方には向きません。
しかし、手数料を考えた場合、圧倒的にプリペイドカードを利用したほうがお得です。
そのため、プリペイドカードの作成は早めに行なっておくことをおすすめします。
プリペイドカードが利用できるようになれば、あとは出金手続きです。
実は、プリペイドカードはそのままiwalletの口座と連動しているわけではないため、出金を行なうためには資金をiwalletの口座からプリペイドカードへ移す必要があるのです。

iWalletではビットコインを用いて入金をすることができます。入金方法から「暗号通貨」を選択後、入金したいビットコインの額を入力します。換金レートはページに表示されますので、確認してから進めましょう。ページにビットコインの送付先アドレスとQRコードが表示されるので、そちらにビットコインを送金しましょう。

iWalletに関する手数料は以下の通りです。

以上のステップでiWalletにアカウント登録ができます。

入金時と同様に、まず最初にカジノサイトにログインしてiWallet(アイウォレット)への出金手続きをおこなってから、iWallet(アイウォレット)にログインし自分の銀行口座へ送金するという形です。

とは言っても、日本語に対応しているオンラインカジノならば大体はiWallet(アイウォレット)に対応しつつあるので・・そこまで心配しなくて大丈夫です。

海外送金の場合は無料ですが、送金側の銀行で手数料がかかります。送金手数料は楽天銀行で1750円なので、大体300~400EUR以上、一度に入金するなら海外送金のほうがお得です。またiWalletは一つのアカウントで複数の通貨を管理できます。入金後、通貨の変更は無料です。カジノやブックメーカーによって通貨を使い分けている人はiWalletがお勧めです。

アイウォレット(iWallet)の評価:エコぺイズ同様、多くのオンラインカジノで利用できる電子決済方法。手数料が高く、現在、システムメンテナンスで入出金方法がかなり限定されています。プリペイドカードでの出金も現在できません。エコぺイズがあれば特に利用するメリットを感じません。

iWalletの口座は、公式サイトへ行き、個人情報を入力するだけで開設できます。メールアドレスさえあれば、すぐに手続きは完了します。

香港に拠点を置くiWalletは、近年アジアへの進出に非常に積極的で、アジアにおける多数の有名オンラインカジノからペイメント・プロセッサーとして起用されています。iWalletは英国をはじめとした世界中の国で合法にサービスを提供していますが、日本、マレーシア、中国などがiWalletが主にターゲットとする国です。アジア圏で遊べるオンラインカジノでのiWalletの対応率は高く、たくさんのカジノサイトの入金方法に「iWallet」という文字が見られます。

またいくつかのオンラインカジノでは、VisaやMastercardなどのクレジットカードからの入金が不可とされていますが、iWalletはプリペイド式の口座のため、必ずオンライカジノへ入金ができます。入金処理後に支払いが通らないなどという心配はゼロです。またオンラインカジノへ入金する際に発生する手数料はありません(カジノによっては最低金額の設定により手数料が発生する場合があります)。

2:表示された銀行口座に、希望入金額を振込ます。
振込の際には、メッセージ欄にIWLから始まる自分のiWalletの口座番号を忘れずに入力しましょう。

iWallet(アイウォレット)から銀行口座への出金できる限度額は、1日につき最低85ドル~最高5万ドル迄です。

iWalletの利便性についてさらに補足をお伝えしておきましょう。ちゃんと日本のユーザーのことも考えています。コンビニにあるATMを使ってiWalletから出金することができます。さらに、海外旅行を多くするという人にはもっと便利なことがあります。残高をその国(対応している場合)の通貨で引き出せるので、面倒な両替が不要になります。新規口座を開設するにはメールアドレス、個人情報(名前や生年月日など)を入力するだけです。

iWalletには、銀行振込(国際送金)かクレジットカードを使い入金できます。公式ページから「入金申請」するだけなので、簡単です。