未分類

neo money 銀聯 使えない

neo money 銀聯 使えない

それ以降、中国の銀行で口座を開設すると、銀聯マーク入りのキャッシュカードが発行されるようになった。この銀聯カードがそのまま買い物に利用できるという訳だ。

そのため、銀聯カードは誰もが持ち歩く決済手段として普及している。言い換えると、それ以外の手段は使い道が少ないと言える。

しかし、銀聯カードであれば、いちいち偽札チェックをしなくても、デビットカードによる支払いにて店舗側に現金が振り込まれます。偽札チェックでむだな時間を浪費しないで済むため、銀聯カードは店舗にとって大いに好まれます。

北京と天津で「NEO MONEY銀聯」カードを使ってみた様子をレポートしたいと思います。

使えなくて困ったっていう評価はあまり多くないね。

プリペイドカードは、カードにお金がチャージされていない状態では使えませんので、十分なお金がチャージしてあるかどうかを確かめ、残高が足りない場合は新たにお金をチャージする必要があります。

本人の中国滞在時における支払い方法については、「VISA(ビザ)やMasterCard(マスターカード)やJCB(ジェーシービー)を利用すればよいのでは?」「換金して現金で支払えばよいのでは?」と思われるかと思いますが、日本人が銀聯カードを所持して使うメリットがあります。

菊地さん:「中国銀聯によると、現時点で50の国と地域で発行されており、171の国と地域で利用が可能です。

中国の都市部は、ひと昔前と違って治安もよくなり、外国人にとっても住みやすい環境となりつつあります。しかし、都市部から外れた街や観光スポットでは、皆さんの持ち歩く現金が狙われるリスクもあります。その点、銀聯カードを所有していれば、大量の現金を持ち歩く必要がありません。銀聯カードは中国国内の店舗のほとんどで利用できますので、1元も持ち歩かなくてもよいほどです。スリや強盗の被害を防ぐなら、大量の現金でなく、銀聯カードを持ち歩きましょう。

日本国内で作れる銀聯カードとして、最も有名なのが、三井住友カードが発行する「三井住友銀聯カード」です。デビットカードとしての機能はなく、国際ブランドである「銀聯」の加盟店で決済できるクレジットカードです。年会費無料で、ウエルカムドリンクなど、中国国内の日系ホテルの一部で優待サービスが受けられます。ほかに三井住友カードを持っていなくても、単体で作れます。

現在では家電量販店や大手百貨店、宿泊施設にとどまらず、セブン-イレブンやローソンといったコンビニ、イトーヨーカドーのような総合スーパーでも利用できるようになりました。今後も、銀聯カードが使用できる範囲が拡大していき、何年後かにはほとんどの店舗で使用できるかもしれません。

保険は合算のしやすい自動付帯ですし、キャッシュレス診療対応です。このカードでは銀聯カードを追加発行できますが、そのカードフェイスもゴールドです。追加カードなのでポイントや利用額は本カードに合算されますが、海外銀聯加盟店の利用分はポイントが2倍になってお得ですよ。

国内でも銀聯カードを利用したいなら、三井住友VISAか三菱UFJニコスのクレジットカードを持つ必要がある。

また旅行保険など特典サービスもついておらず、中国旅行にこれ1枚では用を足しません。つまりどのタイプの銀聯も、それ1枚で中国に行くにはちょっと無理があるのです。

これらの大きな違いは日本で使えるかどうかだ。NEO MONEY銀聯は国内使用ができない、海外専用のプリペイドカードだ。